血糖値が高い

 

  • 血糖値が高め
  • 糖尿病の心配がある

 

という人はインスリンという言葉を
聞いたことがあると思います。

 

私たちは食事から栄養を補給して
エネルギーを作っています。

 

炭水化物から作られるエネルギー(ブドウ糖)を
細胞内に取り込む働きをするのがインスリンです。

 

炭水化物(ご飯やパンなど)を食べると
血液中の糖質の量が増えます。

 

血液中の糖質をインスリンによって
各細胞に取り込まれることで
血液中の糖質の量が減ります。

 

つまり血糖値が下がるということですね。

 

食事をすると、誰でも血糖値は上がります。

 

血糖値が上がるとすい臓からインスリンが
分泌されます。

 

インスリンは細胞膜にある、インスリン受容体と
呼ばれるものと結合します。

 

この状態になってはじめて細胞の中に
ブドウ糖を取り込むことができます。

インスリンの働き

インスリンを鍵に、インスリン受容体を
鍵穴に例えられることがよくありますが
まさにそんな感じです。

 

細胞膜にあるインスリン受容体は
普通は閉まっています。

 

しかしインシュリン(鍵)が
インシュリン受容体(鍵穴)と結合
することによって、鍵が開きます。

 

ブドウ糖が細胞内に取り込まれて、
細胞も栄養をもらって元気になります。

 

同時に血液中のブドウ糖も減り、
正常な血糖値に戻るという流れです。

 

ところが糖尿病を発症している人は
インスリンが必要量分泌されていな人や、
インスリンの分泌の速度が遅い人がいます。

 

インスリンが足りずに血糖値が下がらない人は
すい臓の機能を良くする薬や、インスリン注射をして
外からインスリンを取り入れることが
必要になってくる場合もあります。

 

一方、インスリンはある程度分泌されているけど
正常に機能していない場合があります。

 

日本の2型糖尿病に多いタイプです。

 

正常に機能しないというのは
インスリンが細胞膜にあるインスリン受容体と
結合しにくい状態ということです。

 

インスリンが分泌されていても、
インスリン受容体と結合しなければ
細胞にブドウ糖を取り込めません。

 

細胞にブドウ糖を取り込めないので
血糖値が下がらないんですね。

 

これをインスリン抵抗性といいます。

 

インスリン抵抗性とは、肝臓や筋肉、脂肪細胞などで
インスリンが正常に働かなくなった状態です。

 

インスリン抵抗性があると、
すい臓からインスリンが分泌されても、
筋肉や肝臓が血液中のブドウ糖を取り込まないため、
血糖値が下がらず、糖尿病の発病につながります。

 

このようにインスリンは血糖値を下げるために
必要不可欠な存在です。

 

糖尿病の人はこのインスリンの

  • 分泌量が少ない
  • 分泌されているけど正常に働いていない

このどちらかになります。

 

⇒ 糖尿病の本当の原因とは?|インスリン注射の前に