中年期の運動能力の低さと、
年を取ってからの脳の萎縮には
関係があるという調査結果が、
このほど神経学会誌の
オンライン版に発表された

 

とCNNが報じています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-35077942-cnn-int

 

年齢とともに脳の機能が衰えるのは
仕方のないことかもしれませんが

 

運動によって脳の萎縮や認知機能の低下を
防ぐことができるかもしれないという
研究結果をボストン大学などの研究チームが
発表したようです。

 

この実験20年がかりの実験です。

 

認知症や心疾患のない平均年齢40歳の
約1,500人を対象にある実験を行いました。

 

ランニングマシンで心拍数が一定の数値に
達するまで走れる時間を計測して
運動能力を測定しました。

 

その実験から20年後。

 

ランニングマシンでの運動成績が
よくなかった人は脳が萎縮していたそうです。

 

実験に参加した1,500人の人たちの脳を
20年後にMRIで調べたようです。

 

なかなか根気のいる実験ですよね。

 

運動成績が低く、心疾患のない人は
脳の老化が1年分早くなり

 

運動成績が低く、心疾患のある人で
薬を飲んでいる人は
脳の老化が2年分早かったとか。

 

老化が1年早いとか2年早いとかは
どうやって測定するんだろう?と
いう疑問はありますが、

 

運動能力と高齢者の認知機能との関連は
他の研究でも明らかにされているようで

 

この実験結果も妥当なもののようです。

 

ボストン大学医学部のニコール・スパルタノさん
という方が言うには

 

脳の健康のためには中年期の運動が大切だと。

 

運動をすれば血流が増え、
より多くの酸素が脳に運ばれて、
年を取ってからの認知力の低下を
防ぐことができる可能性がある

 

ということのようです。

 

運動習慣のある人とない人では
歳をとったときに大きな差が出そうですね。

 

奥さんや旦那さんが認知症になり
介護をする大変さ、介護疲れというのも
問題になっているようです。

 

家族が認知症になると辛いです。

 

祖母が晩年、認知症でしたから。

 

自分はもちろん、嫁さんにも運動させないと!
と思った次第です。