酵素栄養学の主張のなかで
もっともザンネンなものが

 

食物酵素を摂ることで
体内の酵素を補給できる

 

ということでした。

 

酵素は体外から補給できる?

 

残念ながら、食物が含む酵素を
摂り入れても、私たちの体の中で
酵素として働くことはありません。

 

それでは、世の中にあふれている
酵素ドリンクや酵素サプリは
摂り入れる意味はないのでしょうか?

 

実はそんなことはありません。

 

酵素ドリンクや酵素サプリを摂っても
酵素を補給できるわけではありませんが

 

酵素サプリを摂る意味はあるのです。

 

それは腸内細菌、特に善玉菌を
活性化させる働きがあるからです。

 

腸の主な働きは、私たちが食べたものから
栄養を分解・吸収して、老廃物は排出する
というものです。

 

食べたものがそのまま栄養になるわけではなく、
消化酵素によって分解された状態にならないと
栄養として吸収できません。

 

しかし、私たちの体内で作られる消化酵素だけでは
消化できない食べ物があるんです。

 

例えば食物繊維や海藻類、果物もそうです。

 

これらを食べて消化できるのは
実は腸内に生息している腸内細菌が
作り出す酵素の力によるものです。

 

だから腸内細菌の元気がなくなれば
食べたものを消化しにくくなり
栄養素が吸収できず、体調不良を起こします。

 

女性の方は、腸内が綺麗だと肌もきれいになる
ということを聞いたことがあると思いますが

 

腸内環境というのは、肌の状態だけでなく
私たちの体調を左右します。

 

腸内環境が悪化すれば病気になりやすくなります。

 

逆に腸内環境が良ければ、栄養の吸収もよくなり
元気でいられるということです。

 

では腸内環境を良くするにはどうすればいいかというと
腸内の善玉菌の数を増やすことです!

 

善玉菌を増やすのに最適なのが発酵食品です。

 

味噌や納豆、漬物などですね。

 

そして食物繊維。

 

レタスなどに多く含まれています。

 

発酵食品や食物繊維は善玉菌のえさになるので
善玉菌を増やすことができます。

 

それなら発酵食品や食物繊維をたっぷり
食べればいいじゃないかとなります。

 

毎日の食事に手間をかけられる人は
それでいいでしょう。

 

でも、1週間や2週間、発酵食品や食物繊維を
中心にした食事にしたところで
大きな変化はないでしょう。

 

長く続けることではじめて実感できることです。

 

長く続けようと思ったら
サプリってとても便利じゃないですか?

 

腸内環境を改善するとうたうサプリは
たくさんあります。

 

乳酸菌サプリ、食物繊維サプリ・・・

 

そのなかでも多くの植物を発酵させて作る
酵素サプリが腸内環境を整える上では
最も効果があるサプリです。

 

酵素は熱に弱いので、加熱処理されて
製造されたサプリより

 

非加熱製法で作られた生タイプの
サプリのほうがおすすめです。

 

  • 非加熱製法
  • たくさんの種類の植物発酵エキス
  • 長い時間をかけて熟成している
  • 国内の安心・安全な工場で製造されている

 

これらの条件をすべて満たす
生タイプの酵素サプリがおすすめです。

 

酵素サプリは酵素自体を補給するために
飲むのではなく、腸内の善玉菌のえさに
するという点で、とても意味のあるサプリです。