筋肉分解

細マッチョを目指す僕にとって
ショッキングなことが!

 

この1ヵ月で筋肉量が1.3kgも
減ってしまった・・・orz

 

体脂肪も減ったけど、筋肉量は
もっと減ってしまったのです。

 

1ヵ月で2kg痩せたのはよかったのですが
筋肉量を落とすダイエットって
リバウンド発生率の高い
失敗パターンじゃないですか?

 

今週はバタバタで1回しか筋トレ
できていないのもありますが

 

1週間サボっただけで筋肉量は
こんなに減るものだろうか??

 

この1ヵ月間の合計カロリー摂取量は
それほど変わっていないはず。

 

なのにこれだけ筋肉が減ったのはなぜか?

 

この1ヵ月で変えたことといえば
有酸素運動の強度を上げたこと。

 

今までランニングマシンを
時速8kmで20分走っていたのを
時速12kmに上げて20分にしてみたのです。

 

これは結構キツくて、20分走った後の
心拍数は160を超えます。

 

これは僕の最大心拍数の90%。

 

ふと思ったのが、これはもはや
有酸素運動ではないのではないか?

 

ウォーキングやジョギングは有酸素運動、
短距離走や筋トレは無酸素運動と言われますが

 

これは正しくありません。

 

有酸素運動と無酸素運動の違いは
エネルギーの代謝経路
(何をエネルギーにするか)
によります。

 

有酸素運動は脂肪をエネルギーに
無酸素運動は糖質をエネルギーに
しています。

 

いわゆる有酸素運動といわれる
ジョギング、ランニングも
強度があがると無酸素運動になります。

 

無酸素運動と有酸素運動の境目は
多分、人によって違っていて

 

心肺機能の高い人は強めのランニングでも
有酸素運動になるだろうし、

 

同じスピードで走っても無酸素運動に
なる人もいるでしょう。

 

無酸素運動は糖質から代謝される
グリコーゲンをエネルギーにしますが

 

グリコーゲンは体内に貯蔵できる量が少なく
体内のグリコーゲンがなくなると

 

筋肉を分解してエネルギーにします。

 

これを糖新生というのですが

 

僕は、ランニングで脂肪を燃焼させて
いるつもりが、自分の有酸素運動の
限界を超えて、無酸素運動になり

 

筋肉が分解されていたのでは?

 

と思っています。

 

 

ネット上でも

有酸素運動で筋肉が分解されるか?

 

ということがいろいろ議論されているようですが

 

エネルギー代謝から考えても
有酸素運動の状態であれば
脂肪をエネルギーにする割合が
多いはずなので

 

筋肉の分解量は少ないはず。

 

問題なのは、自分にとっての
有酸素運動と無酸素運動の境目がどこにあるか?
を把握できていないことです。

 

ちょっと物足りないかな?というくらいが
脂肪燃焼にはちょうどいいということでしょうか。

 

明日からまたランニングの強度を下げて
有酸素運動になるように気を付けてみます。

 

それで1ヵ月後に体成分測定してみて
筋肉量が増えていれば
この仮説は当たりでしょうね。

 
 
※アメリカのトップアスリートの間で人気沸騰!話題の成分HMBを完全ガイド
HMBで細マッチョ!女性からのボディタッチが増える!?
 
※ビルドマッスルHMBの効果を実感するには、3ヶ月程度は継続したいところ。
ビルドマッスルHMBを最もお得に購入する方法