有酸素運動、無酸素運動っていう
言い方をするじゃないですか?

 

ウォーキングやジョギングは有酸素運動
短距離走や筋トレは無酸素運動

 

これは聞いたことある人が多いでしょう。

 

ウォーキングやジョギングは
有酸素運動です、と言われても
何となく納得できます。

 

酸素を摂り入れながら走りますからね。

 

あと、50m走とか100m走とか
短距離走が無酸素運動っていうのも
なんとなく理解できます。

 

できるだけ息止めて走りますから。

 

でも、なぜ筋トレが無酸素運動と
言われるのか不思議でした。

 

筋トレ中ってめっちゃ呼吸してますからね。

 

むしろ呼吸のやり方が重要なくらいです。

 

なのに、なぜ無酸素??

有酸素運動と無酸素運動の違い

 

有酸素運動、無酸素運動という
言い方をされると、

 

酸素を取り入れるかどうか
つまり呼吸するかしないか
みたいに勘違いしてしまいます。

 

だけど、この2つの運動の違いは
呼吸をするかしないかではなく

 

何をエネルギーにしているか

 

ということです。

 

有酸素運動 ⇒ 脂肪
無酸素運動 ⇒ 糖質

 

使われるエネルギーの違いなんですね。

 

脂肪というのはエネルギーになるとき
酸素が必要になりますが

 

糖質は酸素がなくてもエネルギーにできる

 

という意味で

 

有酸素運動、無酸素運動という言い方をします。

 

だから、筋トレでも軽い負荷での
サーキットトレーングでは

 

糖質だけがエネルギーとして
使われるわけではなく

 

脂肪もエネルギーとして使われます。

 

無酸素運動と有酸素運動は
きっちり分けられるわけではなく

 

境界線はあいまいだということですね。

 

僕も調べていて、ちょっとした
トリビアになりました!