睡眠とメラトニン

前回、睡眠と成長ホルモンの関係について
調べたことをお伝えしましたが

⇒ 睡眠と成長ホルモンの関係|細マッチョ筋トレナビ

 

では、成長ホルモンの分泌が促進されるような
質の高い睡眠をとるにはどうすればよいのか?

というのが気になるところです。

 

今日は、睡眠の質を高める方法についてお伝えします。

 

睡眠の質を高める鍵はメラトニン

歳をとると、眠りが浅くなる

というのはよく聞く話ですが
この原因は「メラトニン」という
ホルモンによるものです。

 

メラトニンは睡眠と覚醒のサイクルを
調節してくれるホルモンです。

 

私たちの体内時計が25時間周期であると
いうことは聞いたことがあるでしょうか?

 

1日は24時間ですが、私たちの体内リズムでは
1日は25時間です。

 

放っておくと、どんどん外界のリズムと
ずれていってしまいます。

 

天然時差ボケになってしまいます。

 

これを調節してくれるのがメラトニンです。

 

メラトニンは睡眠の質を高める働きがあります。

 

歳をとると眠りが浅くなる

 

というのは加齢とともにメラトニンの
分泌量が減ってしまうからです。

 

朝起きたときに

「良く眠れた!」と感じることもあれば

「なんか頭が重い・・・」と感じることもあります。

 

睡眠は時間だけなく、質も大切なんです。

 

睡眠の質を低下させる原因は

  • ストレス
  • 運動不足
  • 過労
  • 過剰なアルコール
  • 肥満
  • 交感神経の緊張
  • メラトニン分泌低下

などです。

 

成長ホルモンの分泌を促進するには
睡眠の質を高めることも大切です。

 

睡眠の質を高めるには
上記の原因を解消していけばよいのですが

 

おすすめはメラトニンの分泌を高めること!

 

メラトニンの分泌を高めるポイントは

 

  • 朝、日光を浴びる!
  • 寝るときは部屋は真っ暗に!
  • 運動する!

 

ちょっと意識すればできることですね。

 

これだけでも十分だと思いますが
最近は休息用のサプリも充実しています。

 

メラトニンの材料はセロトニンという
脳内物質です。

 

セロトニンはトリプトファンという
必須アミノ酸を材料にしています。

 

つまり、トリプトファンを摂取することで

 

セロトニン生成 ⇒ メラトニン生成

 

という流れを作れるんですね。