細マッチョになるために筋トレを
はじめて約1年になりますが

 

最初の頃は、本当に筋トレしか
していませんでした。

 

ストレッチもしないし、
有酸素運動もなし。

 

筋肉をつけるのに
ストレッチや有酸素運動は
不要だと思っていたんですね。

 

筋トレだけで十分だと。

 

でも、これはやっぱり間違い。

 

細マッチョになろうと思うと
筋肉量を増やすだけではなく
脂肪も減らさないとダメ。

 

細マッチョの定義があるわけじゃないけど
細マッチョでカッコいいなあと思う人は
だいたい体脂肪率は10%前後。

 

筋肉をつけながら体脂肪も
落としていくのがベストです。

 

筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がるので
確かに痩せやすい体質になっていきますが

 

より積極的に脂肪を落とそうと思うと
有酸素運動を組み合わせるのが効果的。

 

ジョギングとか有酸素運動キライなので
今まで避けていたのですが

 

筋トレ直後は体脂肪燃焼のゴールデンタイム

 

であることを知ってからは
有酸素運動も取り入れるようにしました。

 

筋トレ直後に脂肪が燃えやすい理由

筋トレをすると成長ホルモンが
分泌されるのですが

 

この成長ホルモンは

 

脂肪燃焼の最強サポーターなんです!

 

脂肪燃焼のしくみ

 

脂肪を落とそうと思うと
エネルギーとして使う(=燃焼)ことが必要。

 

でも脂肪はそのままのカタチでは
エネルギーとして利用されません。

 

体脂肪は、脂肪細胞の中に
中性脂肪という形で蓄えられています。

 

中性脂肪は、脂肪分解作用を持つホルモン
とリパーゼという脂肪分解酵素の働きによって
遊離脂肪酸グリセロールに分解されて
血中に放出されます。

 

血中に放出された遊離脂肪酸
運動のエネルギー源として利用されます。

 

「脂肪燃焼」とは、中性脂肪が分解されて
遊離脂肪酸がエネルギーとして消費される
ということです。

 

さらに、成長ホルモンは脂肪細胞に含まれる
ホルモン感受性リパーゼを活性化し、
中性脂肪を強力に分解する働きもあるのです。

 

成長ホルモンが分泌されるタイミング

 

筋トレによって成長ホルモンが
分泌される のは間違いないですが、
筋トレ後どのタイミングで分泌されるかは、
人によって言うことが違います。

 

15分後、30分後、60分後・・・

 

いろんな説があります。

 

ただ、成長ホルモンによる脂肪分解の効果は
5~6時間続くということは一致しているようです。

 

つまり筋トレをすると、その後5時間~6時間の
間は脂肪が燃焼されやすいゴールデンタイム

 

このタイミングで有酸素運動をすると
脂肪が効率よく燃焼されるというわけです。
このことを知ってから
キライな有酸素運動も頑張るようになりました。

 

筋トレ後は脂肪燃焼のゴールデンタイムについてでした。