筋トレでうつ病を改善できる理由

 

113
最近のテレビでの報道や
新聞、雑誌を読んでいると

 

うつ病が増えているんですかね?

 

うつ病の原因はさまざまでしょうが
過度のストレスが原因のひとつである
ことは間違いないでしょう。

 

うつ病になりやすい人

今の世の中でストレスを抱えていない人
なんていないですよね。

 

ポジティブな人でもストレスって
あると思います。

 

みんなストレス抱えながら生きているけど
真面目で責任感が強い人ほど
自分の中にストレスを
抱え込んでしまうんでしょうね。

 
実際、うつ病になりやすいのは
真面目で責任感が強く
人当たりもいい人に多いらしい。

 

うつ病にまでなってしまう人と
そうでない人の違いは

 

ストレスをコントロールできるかどうか

 

なんじゃないでしょうか。

 

自律神経の乱れについて

過度のストレスでうつ病になるというのは
自律神経のバランスが崩れるから。

 
自律神経っていうのは
自分の意志ではコントロールできない
神経のことです。

 

手や足を動かすというのは
意識してできますが

 

腸を動かしてやる!
血液の流れを止めてやる!

 

とかどんなに意識してもできないです。

 

内臓を動かす、血液を流す、栄養を吸収する
など自分の意志とは関係なく
刺激や情報に反応して、体の機能を
コントロールしているのが自律神経。

 

こんな重要な働きをしている
自律神経が乱れてしまえば

 

そりゃ体調崩しますね。

 

自律神経の乱れを改善する鍵

自律神経に信号を伝え
正常な働きを保つために
重要な役割を持っているのが

 

  • セロトニン
  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン

 

という脳内神経伝達物質です。

 

この中でセロトニン
ドーパミンやノルアドレナリンから
伝えられる情報を調節する働きがあり
うつ病改善にはセロトニンが鍵になります。

 
うつ病の患者さんが診療内科に行くと
抗うつ剤を処方されますが

 

この抗うつ剤は脳内で
セロトニンの量を増やすことが目的です。

 
でも、外部からセロトニンの量を
増やさなくても、自分の内部で
セロトニンの分泌量を増やせたら
そっちのほうがよくないですか?

 

セロトニンを増やす方法

うつ病改善の鍵であるセロトニンの
分泌量を増やすことができるのが

 

筋トレ

 

なんです!
ジョギングやウォーキングなどの
有酸素運動でもセロトニンを
増加させることはできると言われていますが

 

筋トレがおすすめ!
(ホントは両方やるのが一番いい)
筋トレは脳を刺激することで
セロトニンの分泌量を増やすと言われています。

 

セロトニンは、夜の睡眠中に分泌されますが
筋トレするとグッスリ眠れますからね~。

 

筋トレはそれ自体がストレスです。
自分のカラダに負荷をかけるワケですから。

 

なので筋トレを続けていると
ストレスをコントロールできるようになり
筋トレ後の達成感、爽快感で
抜群のストレス解消効果を発揮します。

 

ストレス解消になる上に
筋トレで筋肉量を増やすと
ボディラインが劇的に変わって
見た目もよくなる!

 

うつ病改善にも効果ありの筋トレ
筋トレのメリットは計り知れないですよ!

 

あ、もしあなたが岡山に住んでいて

 

原因がわからないけど
何となく体調がよくない

 

という悩みを抱えているなら

 

自律神経の乱れが原因かも?
岡山には自律神経についての
プロフェッショナルがいますよ~
↓↓↓
自律神経失調症専門 岡山の鍼灸・整体・オステオパシー 芦田治療室