ここ2、3年で急速に人気が高まっている筋肉増強成分「HMB」と、アスリートの間では超メジャーな「クレアチン」を配合したマッスルエレメンツHMB。

ここではマッスルエレメンツHMBに配合されている主要成分の効果効能を徹底チェックしました。

マッスルエレメンツ購入前に、ぜひご覧いただきたい内容です。
マッスルエレメンツを一番お得に購入するにはこちらから

 

マッスルエレメンツHMBの配合成分一覧

HMBカルシウム、クレアチン-水和物、デキストリン、コエンザイムQ10、αリポ酸、大豆ペプチド、L-オルニチン塩酸塩、DNA核酸、RNA核酸、米胚芽抽出物、ブラックジンジャー抽出物/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ヒドロキシプロピルセルロース、ビタミンC、クエン酸、L-アルギニン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、シクロデキストリン、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

この中から主要な成分について解説していきます。

HMB

マッスルエレメンツのメイン成分。ここ2、3年で急速に人気が高まっている筋肉増強成分です。

昔から筋肥大に効果があるといわれていたアミノ酸「ロイシン」が体内で変化してできるのが「HMB」です。

ロイシンの効果と考えられていたのは、実は「HMB」によるものだったということです。

HMB原料にもいろいろなものがありますが、マッスルエレメンツにはどのようなHMBが配合されているのでしょうか?安全性には問題ないのでしょうか?→続きを読む

 

クレアチン

HMBとともにマッスルエレメンツの主要成分である「クレアチン」は昔からアスリートの間では有名な成分でした。

筋トレをする前にクレアチンを飲んでおくと、いつもより少し重いウエイトを上げることができるようになります。

パワーが一瞬上がるんですね。筋肉にエネルギーを蓄えるようになるのでしょうか。

HMBとクレアチンはすごく相性がいい物質です。→続きを読む

 

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はダイエットに効果があるといわれ、実際ダイエットサプリにはよく配合されている成分です。

私たちが運動したり、生活していくために必要なエネルギーの作られ方は2種類あります。

ひとつは糖質をエネルギーにする方法と、もうひとつは脂肪をエネルギーにする方法です。

このうち、脂肪を原料としてエネルギーに変える場所が細胞の中にあるミトコンドリアです。

コエンザイムQ10はミトコンドリアの中に存在し、脂肪をエネルギーに変えるために必須の物質です。→続きを読む

 

αリポ酸

αリポ酸は糖質を代謝してエネルギーに変えるのを促進する働きがあります。

最近では生活習慣病の中でも血糖値が高い糖尿病を患う人が多いですが、糖尿病の治療薬としても使われることがあります。

糖質をエネルギーにしてくれるわけですから、トレーニング前にαリポ酸を飲んでおくと、トレーニング中にパワーが有効に使えるようになります。

また、αリポ酸は優れた抗酸化作用を持っていますので、トレーニングで発生する活性酸素の除去にも効果を発揮しそうです。→続きを読む

 

ブラックジンジャー

ブラックジンジャーとは、その名の通り「黒しょうが」です。

日本では沖縄でしか栽培されていません。主な産地はタイです。

ブラックジンジャーには脂肪を燃焼させる効果がありますので、ダイエット食材としても重宝されています。

「しょうが」ですから、体を温めて、エネルギーの消費効率を上げてくれます。

マッスルエレメンツHMBにブラックジンジャーが配合されているのは、体脂肪を落としやすくするためでしょうか。→続きを読む

 

大豆ペプチド

大豆ペプチドには体脂肪の燃焼を促す作用があるといわれており、大豆ペプチドの摂取と運動を組み合わせることで、健康的で効率の良いダイエットが可能になるといわれています。→続きを読む

 

L-オルニチン

オルニチンはアミノ酸の一種です。しじみに多く含まれている成分です。

オルニチンはアルギニンと同じく、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあると考えられています。

トレーニングで筋肉に負荷をかけると、筋肉は傷つき、分解される方向に傾きます。

トレーニング後に筋肉の原料であるタンパク質を摂取することで、傷ついた筋肉が修復され、合成されて筋肉は大きくなります。

成長ホルモンは筋肉の修復、合成を促進する働きがあります。→続きを読む

 

DNA核酸

DNA核酸は、遺伝に関わる成分として知られています。DNA核酸を栄養成分として摂取することで、細胞の生まれ変わりを促進します。

人間は約37兆個の細胞でできていますが、細胞は常に生まれ変わっています。いわゆる新陳代謝というやつですね。

新しく細胞を作るときの設計図が格納されているのがDNAです。

DNAに格納されている設計図をもとに、RNAが新しい細胞を作っています。

マッスルエレメンツにDNA核酸を配合することで、どんな効果があるのでしょうか?→続きを読む

 

RNA核酸

RNA(リボ核酸)とは、DNAと共に遺伝物質と言われるもの。DNAには細胞をつくるための設計図があり、RNAはその設計図をもとに新しい細胞を作る大工さんのようなもの。

昔の栄養学では、RNAはほかの栄養素から必要な分だけつくることができると考えられていました。

しかし、中高年の手術後患者の免疫力の低下に対して、点滴の輸液を通してDNAとRNAを注入したところ、免疫力の低下が起こりにくいことがわかりました。

それ以来、RNAは栄養素としても重要であると考えられています。

マッスルエレメンツにRNA核酸が配合されたのはどんな効果を狙ってのことなのでしょうか?→続きを読む

 

L-アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉を強くしたり、免疫力を高める効果があります。

またアルギニンは体内で一酸化窒素を発生させることで、血管を拡張してくれます。

血流がよくなるので、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防効果が期待されています。

トレーニングをする前にアルギニンを飲んでおくことで、筋肉の修復力がアップします。成長ホルモンの分泌が促進されるからです。→続きを読む

 
マッスルエレメンツHMBを最もお得に購入するにはこちら