マッスルエレメンツHMBに配合されている成分「クレアチン」はアスリートには必須の成分としてよく利用されています。

クレアチンにはどのような働きがあるのかまとめました。

クレアチンとは

クレアチンは、アミノ酸の一種でエネルギーの産生に影響を与えています。筋力や身体機能を向上させる効果があることがわかっているので、アスリートに人気というわけです。

マッスルエレメンツHMBに含まれるクレアチンの効果

具体的には、クレアチンにはどのような効果があるのでしょうか?

持久力を高める

クレアチンはエネルギーが作られるのを助ける働きがあり、運動するときの持久力や筋力をアップする効果があるようです。

筋トレ、短距離走など短時間で負荷の高い運動をするときには、クレアチンを摂取することで、運動能力を高める効果が明らかになっています。

また、アスリートだけではなく、高齢者の筋力維持やリハビリにもクレアチンは有効であると言われています。このあたりの研究は現在も進められています。

筋肉を修復する

せっかく鍛えた筋肉もトレーニングを怠ると落ちてしまいます。筋肉は使わないと衰えるということです。

一度落ちた筋肉を回復させるときに、クレアチンを摂取することによって、筋肉を修復し、回復を早める効果があるといわれています。

記憶力や学習能力をアップ

クレアチンはアミノ酸の一種で、脳や神経細胞にも多く存在しているようです。

そのため神経を保護し、記憶能力の改善にも有効ではないかと考えられています。

クレアチンはATPを再合成し、エネルギーを作る

生命活動にはエネルギーが必要で、そのエネルギーは、ATPを分解することで得ています。しかし、体内のATPの量には限界があるため、運動し続けるためにはATPを再合成する必要があります。

クレアチンは、ATPの再合成をアシストし、エネルギー量を増加させる働きがあるといわれています。

クレアチンを摂取するには?

食品からクレアチンを摂取しようと思うと、肉や魚をたっぷり食べるとよいでしょう。

ただ、調理するとクレアチンの量は減少するため、刺身など生食材にしたほうがクレアチンの摂取量は増えます。

具体的には、にしん、サケ、まぐろ、たら、ひらめ、かれい、豚肉、牛肉にクレアチンは多く含まれます。

食事からだと、日々摂取量が変わってきたり、カロリーも気になります。そんなときはサプリメントでクレアチンを摂取するのが効果的。

アスリートはクレアチンをサプリメントで摂取している人が多いのではないでしょうか。

 

 

マッスルエレメンツHMBの配合成分まとめ