ストライクHMBに含まれる主要成分「HMB」とはいったい何なのでしょうか?HMBを摂取することでどんなメリットがあるのでしょうか?

ここではHMBの効果効能についてまとめました。

HMBを摂取することで、筋肉の分解を防ぎ、筋肉の増強をサポートしてくれるので、あなたのトレーニング効果は飛躍的にアップするでしょう。

HMBとクレアチンの最強コンビを一度に摂れるストライクHMBを一番お得に購入するにはこちらから

HMBとは?

ストライクHMBの主要成分であるHMBとは必須アミノ酸の一種である「ロイシン」が体内で代謝されてできる物質です。

正式名称を「β-ヒドロキシβ-メチル酪酸」といいます。

アメリカのアスリートの間で人気になった成分で、特に筋トレをする人に愛用者が多い成分です。

日本では2010年にやっと販売が許可された成分です。ここ1年ちょっとの間に急速に日本でもHMBサプリの人気が高まっています。

HMBの効果効能

HMBはロイシンが体内で代謝されてできた物質であることは先ほど紹介しました。

では、ロイシンとはどんな働きがあるのでしょうか?

アミノ酸の一種であるロイシンは、イソロイシン、バリンとともにBCAAと呼ばれています。

BCAAは人間が生きていく上で必要な20種類のアミノ酸の中でも、特に筋肉に対して影響を及ぼす成分です。

BCAAはタンパク質の合成を促進して、筋肉の分解を防いだり、筋肉の回復を促進する働きがあるのです。

あなたがもしスポーツジムに通っているのであれば、筋トレ前のロッカーでBCAAを飲んでいる人を見かけたコトがあるかもしれません。

BCAAはプロテインにも多く含まれていますが、BCAAのみ単体で摂取したほうが吸収率が圧倒的に早くなります。

筋トレ前にBCAAを摂取しておくことで、筋トレ中の筋肉の分解を最小限に抑えてくれる効果を期待できるということです。

バリン、ロイシン、イソロイシンのBCAAの日本での割合は、

バリン:ロイシン:イソロイシンは1:2:1が理想とされています。

ロイシンが一番多く含まれているということです。

ロイシンは筋肉を成長させるのに必須の成分です。しかし、最近の研究によって、ロイシンの筋肉増強効果は、ロイシンが体内で変化してできる「HMB」によるものであることがわかってきたのです。

ロイシンが体内でHMBになるのはたったの5%

筋肉を大きくするHMBを体内で生成するには、ロイシンをたくさん摂取すればいいということになるのですが、ここで問題があるのです。

体内に摂り入れたロイシンのうち、HMBに変換されるのは、たったの5%!

ロイシンを100g摂取して、HMBになるのはたったの5gです。

筋肥大に有効とされるHMBの摂取量は1日3gと言われています(1.5gでも十分効果はあると言われています)。

3gのHMBを体内で生成するには、60gのロイシンを摂取しなければなりません。

60gのロイシンを摂取するには?

1日に60gのロイシンを食事だけで摂取しようとすると

ロイシンを多く含む食材の代表であるカツオブシを約1㎏食べなければなりません。

クロマグロであれば、約3㎏分。鶏むね肉であれば約4㎏。

人間に食べられる量ではありません。

そこで考えてられたのが、ロイシンが変化してできるHMBを直接摂取してしまおうということです。

このような背景があって、HMBサプリが大流行しているんですね。

高品質HMBサプリであるストライクHMBは1日分あたりHMBを1.5g配合しています。

 

ストライクHMBの成分 – BCAAの効果効能 –