ストライクHMBに含まれるフェヌグリークとはどんな成分なのでしょうか?

フェヌグリークとは?

地中海地方が原産のマメ科の一年草です。

インドやアフリカでは昔から有効利用されていました。インド医学のアーユルヴェーダでは肝機能を高め、消化不良に良いハーブとして知られています。

フェヌグリークの種子を瓶に入れ部屋に置いておくと、お金がたまり、暮らしが豊かになると言われていました。

ちょっとやってみたいですね。

フェヌグリークの効果

フェヌグリークは、ハーブなので、煮出して飲んだり、カレーのスパイスとして使われるというのが一般的でしたが、最近ではサプリメントに配合される成分としても注目されています。

フェヌグリークには次のような効果効能が期待されています。

  • 抗炎症作用
  • 消化促進作用
  • 鎮痛作用
  • 催淫作用
  • 子宮刺激作用
  • 催乳作用
  • 浄化作用
  • 血糖値降下作用

昔から伝統的に怪我、気管支炎、消化器疾患の改善に使われてきたのは、炎症を抑える働きがあったからですね。