黒胡椒の効果

黒胡椒は料理のスパイスとして使われますが、実は、血行促進や滋養強壮に効果があります。

血行促進効果

ペパリンという黒胡椒に含まれる成分が血管を広げることにより、血液が流れやすくなり、血行が促進されます。血行が促進されることにより、新陳代謝が活発になります。運動時には汗をかきやすくなります。

滋養強壮効果

黒胡椒に含まれるアルカノイドという成分には、一緒に摂った食品の栄養素の吸収を促進する働きがあるといわれています。

つまり、より効率的に栄養を摂取することができるのです。ストライクHMBの他の成分の吸収率もよくなりそうです。

黒胡椒の摂取方法

普段の料理に加えるだけで簡単に摂取量を増やすことができますが、辛いですから一度に大量に摂取するのは難しいですね。

最近ではオイルに成分を溶け込ませて、そのオイルを料理で使い、黒コショウを摂取する方法もあります。

黒胡椒の摂取量

黒コショウの中に含まれているペパリンという成分の1日の摂取量は、10~20mg程度が目安とされています。

もともと日本人は味付けに胡椒を使うことが少なく、多くは醤油や味噌でした。

したがって、他の国の人と比べて胡椒の摂取量は少ないと思われます。

食前に摂取すると、栄養吸収のサポートや血行促進といった効果がありますので、意識して摂取したい成分ですね。