クレアチンは、アミノ酸の一種でエネルギーの産生に関わっています。筋力や身体機能を向上させる効果があるといわれており、アスリートには必須の成分です。

ストライクHMBに含まれるクレアチンの効果

ストライクHMBにはクレアチンが1回あたり10.02㎎含まれています。

クレアチンにはどのような効果があるのでしょうか?

持久力を高める

クレアチンはエネルギーが作られるのを促進する働きがあり、運動するときの持久力や筋力をアップする効果があるといわれています。

特に短時間で激しい運動(筋トレ、短距離走など)を繰り返すときに、運動能力を高める効果が明らかになっています。その効果によりクレアチンは多くのアスリートに人気です。

また、アスリートだけではなく、高齢者の筋力維持やリハビリテーションにも有効であるとされています。このあたりの研究が進められています。

筋肉を修復する

筋肉は使わないと衰えます。せっかく鍛えた筋肉もちょっとトレーニングをサボるとすぐに落ちてしまうのは、誰しも経験していることでしょう。

クレアチンを摂取することによって、筋肉を修復し、回復を早める効果があるといわれています。

記憶力や学習能力をアップ

クレアチンはアミノ酸の一種で、脳や神経細胞にも多く存在しています。

クレアチンは、神経を保護し、記憶能力の改善にも役立つといわれています。

 

クレアチンの働き

人が生きていくにはエネルギーが必要で、そのエネルギーは、ATPが分解されることで得られます。しかし、体内のATPの量には限界があるため、運動し続けるためにはATPを再合成しなければなりません。

クレアチンは、ATPの再合成を促進し、エネルギー量を増加させる働きがあるといわれています。

 

クレアチンを含む食品

クレアチンが多く含まれる食品は、主に肉や魚です。

ただ、調理するとクレアチンの量は減少するため、生食材を摂取するほうがクレアチンの摂取量は増えます。

具体的には、にしん、サケ、まぐろ、たら、ひらめ、かれい、豚肉、牛肉にクレアチンは多く含まれます。

アスリートにはサプリメントでクレアチンを摂取する人が多いですね。