5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

よく見かけるのですが
ジムがガンガン筋トレして
そのままシャワー浴びて帰る人。

家でちゃんとストレッチしているのでしょうか?

トレーニング直後の筋肉周辺は
運動刺激によって生じた代謝産物がたまっています。

これを放置しておくと疲労が蓄積します。

疲労が蓄積したまま次のトレーニングを行なうと
パフォーマンスが低下します。

また、普段以上の負荷をかけた筋肉は
交感神経が活性化することで
興奮して分解する方向に傾いています。

このタイミングで副交感神経を活性化させ
興奮状態を鎮めることで
体タンパクが合成されやすくなります。

疲労をとりつつ、筋肉の興奮をとるには
ストレッチが最適です。

ストレッチには大きくわけて

・動的ストレッチ
・静的ストレッチ

があります。

静的ストレッチはターゲットの筋肉を
一定時間じっくりと伸ばしてキープするストレッチ。

動的ストレッチは体をリズミカルに動かしながら
筋肉をほぐすストレッチ。

筋トレ後におすすめなのは静的ストレッチです。

筋トレで収縮させた筋肉を意識的に伸ばすことで
反射的な脱力を促進して血流をよくします。

これによって代謝産物を散らすことができます。

静的ストレッチのポイントは
痛みを感じるまで伸ばさないということ。

痛みを感じる場合は伸ばしすぎです。

これは筋肉をさらに傷めているのと同じ。

イタ気持ちいいと感じることがポイント。

この状態をキープします。

そのとき呼吸を止めてしまうと
筋肉に余計な力が入ってしまうので
自然に呼吸をするようにします。

ストレッチで伸ばす時間は
10秒間ポーズをキープして3セットと
いうのがいいのではないでしょうか。