9da274117beabae780539848529d1334_s

筋トレで筋肉痛~

というときこそ入浴はシャワーだけですますのではなく
しっかり浴槽に使って疲労を取りたいものです。

入浴は意識的にできる有効なコンディショニング法。

お風呂に入ってもシャワーだけという人も
いるかと思いますが、ぜひ浴槽につかりましょう。

水の中に浸かるときには3つの効果が期待できるのです。

1.水圧

水の圧力が体にかかることで、
筋肉が結果を圧迫して血流が良くなります。

2.浮力

中学校の理科で勉強した浮力ですね。

体重60kgの人がお風呂に浸かると
約90%の浮力が働いて
脚の裏にかかる体重は6kg程度になります。

陸の上で重力を受けている間は
筋肉には常に負荷がかかっています。

デスクワークでほとんど体を動かしていない
というときでも

首や肩がこりますよね。

これは重力がかかっているからです。

トレーニングをすればもっと大きな負荷がかかります。

水に浸かって浮力によって
重力から解放されると

筋肉は収縮することをやめて脱力します。

完全リラックス状態にできるのです。

3.水温

水の熱伝導率は空気中の約20倍です。

寒さも温かさも感じやすくなります。

冷たい水に浸かると
体は熱を作り出そうとして
エネルギー消費が1割アップするといわれています。

熱のおもな発生源は筋肉です。

つまり体温より高いお湯に浸かることで
筋肉が作り出す熱は少なくてすみます。

筋肉の休養になるということです。

浴槽に浸かるとこれらの効果が期待できます。

少なくとも筋トレをした日は

シャワーだけで済ますのではなく
温かいお湯の浴槽にしっかり浸かると
いう習慣を付けたいですね。