0f70aacdb9842702bba3c2f6cec6377a_s

しなやかな細マッチョを目指して
筋トレをやろう!と決意したとして。

筋肉は筋トレ中に作られると思っている人も
多いのではないでしょうか?

しかし筋肉は筋トレ中にリアルタイムで
作られるわけではありません。

トレーニングが終わったあと、
特に睡眠中に作られるのです。

寝付いてから1~3時間後に
脳から成長ホルモンが分泌されます。

これによって全身の細胞の修復が行なわれます。

筋肉がタンパク質を取り込んで
大きくなるのもこのタイミングなのです。

つまり、いくらハードにトレーニングしても
睡眠が十分取れていなければ
思うような結果が出ないのです。

頑張って筋トレしているのに
イマイチ筋肉つかないな~と感じている人は
睡眠を見直す必要があるかもしれません。

筋トレの効果を最大化するためには
睡眠の質と量を確保することもポイントです。

睡眠には体と脳の両方を休息させる
ノンレム睡眠と

脳が覚醒した状態の浅い眠りである
レム睡眠の2種類があります。

眠りについた直後は
深いノンレム睡眠に入っていきます。

このときに成長ホルモンの分泌量が
1日の中で最大になります。

その後、レム睡眠に入り
またノンレム睡眠へ・・・

という感じのサイクルになります。

個人差はありますが
90分を1セットとして
ノンレム睡眠⇒レム睡眠が繰り返されます。

睡眠の最大の目的は
脳の疲労を回復させ、記憶を整理すること。

これは4セット×90分=6時間で十分です。

しかし、体の疲労を完全に取るには
もう1セット(つまり7.5時間)の睡眠を
推奨する人もいます。

毎日7.5時間も寝る暇あるか!?という人も
多いのが現実でしょうが

体の疲労を回復させ
筋肉を成長させるためには
十分な量の睡眠が必要なようです。