7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

40歳もすぎて代謝も落ちてきて
昔と同じ量しか食べてないのに
太りやすくなってきた。

誰もが経験することですね。

そして健康診断でメタボと診断され
ダイエットを決意する。

ダイエットの大原則は

消費カロリー > 摂取カロリー

1日に食べたものから得る摂取カロリーが
1日に使う消費カロリーより少なければやせる。

これを徹底できれば痩せるでしょう。

カロリー計算をしながら
日々の食事を管理する。

3日や4日で結果が出るなら誰でもできるでしょう。

しかし、結果を出すには3ヶ月、4ヶ月はかかるもの。

その間に仕事のストレスで暴飲暴食・・・

なんてありがちですよね。

これは脳の働きなのでしかたありません。

脳はストレスにさらされると、スグ目の前にある
快楽に飛びつくようにできています。

例えばマウスにストレスをかけると
逃避行動のひとつとして食欲を増大させます。

脳は自分の報酬系を活性化させるのです。

これは人間も同じです。

欲求が満たされたとき、
または欲求が満たされるとわかっているときは

脳の「報酬系」と呼ばれる部分が活性化します。

この部分が活性化すると「快」を得られるのです。

この「快」がストレスを忘れさせてくれます。

現代の社会でストレスフリーで生きている
という人はごく少数でしょう。

私たちは日々プレッシャーを受けながら生活しています。

そのプレッシャーから逃れるために
脳はストレスを発散できる方法を探します。

ストレス発散が「食」に向かうと
がんばってカロリー制限していても
一瞬で努力が水の泡になるんですね。

こうしてストレス太りということが起こるのです。