030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_s

大豆製品が体にいい!というのは
よく聞く話ですね。

大豆に含まれるたんぱく質は
健康を維持するために重要な栄養素です。

肉や卵、魚も重要ですが
大豆もとても重要です。

大豆たんぱく質を摂取すると
中性脂肪の値が下がります。

中性脂肪というのはいわば贅肉。

中性脂肪値が高くなると
HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減り
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が
増えてしまいます。

中性脂肪とLDLコレステロールという脂質が
結びつくと、過酸化脂質に変わります。

過酸化脂質は血管を傷つけ動脈硬化を起こし
脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めます。

肥満を解消するためにも、
健康を維持するためにも

中性脂肪は身体から減らすべきです。

そのためのキーが大豆たんぱく質に含まれる
「ベータコングリニシン」という物質です。

ベータコングリニシンは、肝臓で中性脂肪が
エネルギーになることを促進します。

また小腸での脂肪の吸収を抑える働きもあります。

また、大豆たんぱく質には
コレステロール値を下げる働きがあります。

大豆たんぱく質は体内で使いきれなかった
余分なコレステロールを体外に排出してくれます。

大豆はタンパク質のほかに
ビタミンEやイソフラボンといった
抗酸化物質も含んでいます。

さらにはカルシウムも!

大豆って本当に万能選手です。

大豆イソフラボンは腸内細菌と結びついて
「エクオール」という成分を作ります。

エクオールは強い抗ガン作用があります。

形が女性ホルモンそっくりで
エクオールはイソフラボンの100倍の効率で
女性ホルモンと同じような働きをします。

ただし、すべての女性がエクオールを
作れるわけではありません。

イソフラボンと相性のよい腸内細菌を
もった人しかエクオールは作れません。

日本人女性の場合、約半数が
エクオールを作ることができると言われています。

エクオールを作れる腸内細菌を育てるには
腸内環境を整えた上で
大豆製品を日々食べる習慣が必要です。

HMBサプリ紹介