7913354ef21417a7ec2a44d977b7e6b8_s

卵は1日1個しか食べてはいけないとか
肉は控えたほうがいいとか

そんな話を聞いたことありませんか?

これはコレステロールを摂取することを
問題視しているのでしょう。

しかしコレステロールが直接、生活習慣病の
原因になるわけではありません。

というか、逆です。コレステロールが不足すると
ガンのリスクが高まるということはご存知でしょうか?

人間の体は約37兆個の細胞でできています。

細胞は常に新しく生まれ変わることで
生体の機能が保たれています。

この細胞を作り替える材料がなければ
新しい細胞が作られません。

コレステロールは脂質の一種です。
細胞を包む膜の材料はコレステロールです。

細胞膜がなければ細胞は安定して
機能することができません。

細胞膜があるからこそ
新しい細胞を作れるのです。

コレステロールが不足すると
貧弱な細胞膜しか作られず
そこからガン細胞が生まれやすくなるのです。

コレステロールに「善玉」「悪玉」があるというのは
聞いたことがあると思いますが

実はコレステロールに善悪はありません。

善玉コレステロールの正式名称は
HDLコレステロールといいます。

体内にたまったコレステロールを
肝臓へ戻すという役割を持っています。

悪玉コレステロールの正式名称は
LDLコレステロールといいます。

コレステロールを必要とする組織に
運ぶ役割を持っていまsう。

LDLコレステロールは増えすぎると
血管にたまり、動脈硬化の原因になると
いわれています。

心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。

なので、悪玉といわれるのでしょうが
LDLコレステロールが体にとって
良くない働きをするのは

酸化したときです。

活性酸素とLDLコレステロールが結合すると
過酸化脂質というまったく別の物質に変化します。

この過酸化脂質が血管を傷つけて
血管を詰まらせたリ、破裂させたりする元凶です。

コレステロールは低くすればいい
というものではありません。

むしろコレステロール値は高いほうが
長生きするという意見もあるくらいです。

HMBサプリ紹介