4318d5cbf044b67d53c55bb4e4303ab9_s

腸の状態は食べ物で決まります。

こんな面白いデータがあります。

40歳以上で離婚した男性は、そうでない男性に比べて
寿命が10歳も短くなるそうです・・・

離婚して食事が変わることによって
腸の老化が進み、寿命を縮めるのでしょう。

特にインスタント食品や出来合いの惣菜、レトルト食品などが
中心の食事になると危険信号ですね。

インスタント食品やレトルト食品
コンビニ弁当の多くは

腐敗も劣化もせず、見た目はおいしそうに
味もばらつきなく一定に保たれています。

食品中で細菌が繁殖するのを防ぐため
許容されるギリギリまで保存料や防腐剤などの
添加物が入っているからです。

保存料や防腐剤は好きなときに好きなものを食べられる
という食の便利さをもたらしてくれました。

このような化学物質は、食品中の細菌の繁殖を防ぎ
腐敗や劣化を防止します。

しかし、腸にいる細菌たちの働きも阻害します。

日々、保存料や防腐剤がたっぷりの食事をしていると
腸内細菌へ与える影響も甚大です。

保存料の中でも良く使われているのが
ソルビン酸です。

ソルビン酸についてはこんな実験結果があります。

食品を腐敗させる細菌を寒天に投入し
そこにソルビン酸を0.3%だけ添加した
培養液を加えます。

すると、細菌はまったく増殖できませんでした。

たった0.3%で!

これと同じ現象が間違いなく腸の中でも
起こっているはずです。

腸内細菌が働かなくなるのです。

人間の老化は腸の老化からはじまります。

腸の老化を防止するのが腸内細菌たち。

そんな腸内細菌にダメージを与えるような
食品はできるだけ避けたいものですね。

HMBサプリ紹介