1f0aaedb2abd2f9f3cde8c3e8eb6f10e_s

人間の体は約37兆個の細胞でできているといわれています。

これらの細胞のうち、もっとも早く老化の兆候が
現れるのはどこの細胞だと思いますか?

それは腸と腎臓です。

腸の健康が体の健康に大きな影響を与えるのですが
困ったことに、一番早く老化するのが腸の細胞です。

私たちにとって食べて排泄することは
生まれてから死ぬまで続けられることです。

その働きを一手に引き受けているのが
腸と腎臓です。

腸と腎臓は1日も休むことなく働いています。

使い方が激しいのですから疲弊するのも当たり前。

腸と腎臓が人体の中で最も早く老化するのは
自然の摂理ですね。

生命を維持するために腸と腎臓へかかる負担は
血液量を見ればわかります。

心臓は1分間に約5リットルの血液を送り出します。

その行き先の第1位は胃腸で30%。
第2位は腎臓の20%
第3位は脳と骨格筋でそれぞれ15%。

体は脳を中心に動いていると思いがちですが
生きるために最も過酷に働いているのは腸です。

老化しやすい腸を放置していては
腸の老化は進む一方です。

太りにくく、元気でいるためには
腸の健康が欠かせません。

腸の健康に必要なのは
何をおいても、善玉菌が優勢になる腸内環境です。

腸には1,000種類、1,000兆個もの多種多様な
腸内細菌が生息しています。

その集合体が重なり合って広がる様が
お花畑のように見えるので

腸内フローラ

と呼ばれています。

腸内フローラは善玉菌が優勢になり
最大勢力の日和見菌を味方につけるとき
最もよい状態がつくられます。

腸内環境をよくするポイントは食物繊維。

食前にキャベツなど食物繊維を意識して
摂取することで少しずつ腸内環境は改善されます。

HMBサプリ紹介