b25c9ff75ba11e02ea035accee8cd1a7_s

悪玉菌は腸内環境を悪くする元凶!
そのように思われていますが

実は悪玉菌をゼロにすればいいかというと
そうではないのです。

実は、悪玉菌も腸の健康にとっては必要なのです。

もし悪玉菌がゼロになってしまうと
人は健康を保てなくなるでしょう。

日和見菌が良いことも悪いこともする菌であるように
悪玉菌も悪さはするけれど、必要な菌なのです。

理化学研究所の研究によると

ビフィズス菌は病原性O-157による食中毒を
予防する効果があると知られています。

善玉菌のビフィズス菌が果糖などの
糖分を取り込んで酢酸をつくり
O-157が出す毒素から腸を守っている
ことが明らかになっています。

しかし、ビフィズス菌を与えても
O-157の数や毒素の量は減らないのです。

つまりビフィズス菌は毒素から腸を守るのですが
O-157を退治する力はないということです。

しかもO-157はビフィズス菌がタンパク質を
分解して作り出すアミノ酸を自分に取り込み
エネルギーにしているのです。

ビフィズス菌はO-157にパワーを与えているという
なんとも矛盾した話なのです。

O-157を排除してくれるのは実は
大腸菌などの悪玉菌なのです!

大腸菌は、腸の規律を乱す有害な
病原菌が入ってくると、敵とみなして
排除しようと働きます。

さらに大腸菌にはビタミンを合成する働きまであるのです。

人は自分の消化液では食物繊維を分解できません。

腸内細菌が食物繊維を分解しているのです。

自分のえさにするために食物繊維を分解して
繁殖するために発酵させます。

悪玉菌にもこの働きがあるのです。

さらに悪玉菌と善玉菌は、エネルギーのやりとりを
しているということもわかっています。

つまり、悪玉菌、善玉菌、日和見菌は
バランスが大切ということです。

悪玉菌が私たちの健康に悪影響を及ぼすのは
数が増えすぎたときなのです。

HMBサプリ紹介