552dace8b668d3a874a464c5947bde0b_s

腸内で善玉菌が優勢なのか、悪玉菌が優勢なのか
腸内環境は本当にわずかな変動によって決まります。

そのわずかな変動が
人の太りやすさや腸内環境だけでなく
健康そのものも決めるのです。

しかし、腸というのは、もともと悪玉菌にとって
有利な環境なのです。

腸は37℃とほどよい温度で一定に保たれています。

栄養も水分もバッチリ。

悪玉菌の多くはウェルシュ菌などの腐敗菌です。

腸の環境は、腐敗には最適の条件が整っています。

外気温が高い夏の日は生ゴミなどを放置しておくと
すごい臭いを発しますよね。

あっという間に腐敗するのです。

そんな一気に腐敗する環境が腸内で整っているのです。

そのような環境で、悪玉菌の大好物である
高脂肪食ばかりの食生活では

ますます悪玉菌が増殖してしまいます。

・脂ののった肉
・衣たっぷりの揚げ物
・あま~いスイーツ
・こってりスープのラーメン
・フライドポテト
・スナック菓子

こんな悪玉菌の大好物ばかり食べていると
腸内環境は悪化する一方です。

悪玉菌は腸内で支配権をとると
硫化水素やアミンなど毒性のある
腐敗物質を作り始めます。

こうした毒素が免疫細胞を傷つけます。

免疫細胞が傷つけられると、
病気になりやすくなり
感染症、がんのリスクも高まります。

体の細胞も傷つけられ
動脈硬化、高血圧など生活習慣病が進行します。

腸で悪玉菌が増えると、太りやすくなるだけでなく
さまざまな病気にかかる可能性が高くなるのです。

脂肪分の多い食事は腸を汚します。

こうなると日和見菌は一気に悪玉菌に加勢します。

腸は悪玉菌が優勢になりやすい環境にある
ということを意識して

普段の食生活を気をつけましょう。

HMBサプリ紹介