439d86834c873c508f18eff7519d8346_s

腸内細菌は人によって個性があり
まったく違う環境を作っています。

腸内環境は生後10ヶ月で決まり
その後、ほとんど変化しないことが
わかっています。

生後10ヶ月までに母親をはじめとする
周囲の大人たちの影響によって
腸内環境が形成されます。

太りやすい体質の人は
すでに生まれた頃にそういう環境を
作られてしまったということです。

しかしあきらめることはありません。

太りにくい腸内環境を作る努力を続けることで
改善することは可能なのです。

腸内細菌を遺伝子検査で調べると
1,000兆個という膨大な数からみて
ほんのわずかではありますが

目に見えない程度の部分で
数の変動があることがわかっています。

このごくわずかな変動が
腸内環境に影響を与えているのです。

腸内に善玉菌は最初は少ししかいません。

この善玉菌をいかに元気にして
増やしてあげるのかが
腸内環境をよくするポイントです。

悪玉菌が優勢の太りやすい体にしないために
毎日の食生活で善玉菌を増やすようにしたいですね。

とはいっても、食習慣はそう簡単に変わるものではありません。

・高脂肪食から野菜中心へ
・濃い味から薄味へ

一気に変えられるなら変えたほうがいいですが
簡単には変えられないですよね。

そんなときはまず小さな一歩からはじめてみてはどうでしょう。

食事の前に食物繊維が豊富や生キャベツを食べる!

小さなお皿1杯分でOK。

これだけでも腸内環境は変わってきますよ。

これくらいならできそうじゃないですか?

HMBサプリ紹介