e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

不溶性の食物繊維も腸内環境を整えるのに
重要な役割を持っています。

不溶性の食物繊維は人間の消化液では消化されません。

植物の細胞壁を作る物質なので
繊維の力が強いのです。

また、水溶性の食物繊維のように
水に溶けませんが、水分を吸収して膨らむ性質があります。

その強い繊維と膨張性によって、
腸内にたまった食べかすや細菌の死がいを
からめとりながら、大便となります。

食べかすや細菌の死がいなどは
腸にたまるごみと同じです。

これらを放置すると悪玉菌が増殖して
腐敗物質を放出するようになり
腸内環境を悪化させて不調を招きます。

不溶性の食物繊維は「腸内の掃除機」といえるでしょう。

腐敗物質を掃除して、大便として排泄してくれます。

不溶性の食物繊維をたっぷりとることで
腸内で悪玉菌の増殖をおさえます。

肥満の防止にもつながります。

逆にいうと、肥満の人は食物繊維の摂取量が
少なすぎる可能性が高いです。

また、便秘がちな人にも不溶性食物繊維はおすすめです。

不溶性の食物繊維は水を吸って大きく膨張すると
腸を刺激してぜん動運動を起こします。

ぜん動運動とは、腸の収縮運動で
腸の中にあるものを移動させる働きです。

ぜん動運動が活発になると排便力が高まります。
便秘解消になるんですね。

不溶性の食物繊維は、腸内に入り込んでしまった
有害物質(水銀、カドミウムなど)を吸着し
排泄する働きもあります。

デトックスと言っていいでしょう。

不溶性の食物繊維は

・インゲン豆、ひよこ豆、大豆、えんどう豆、枝豆
・おから
・納豆
・オクラ
・モロヘイヤ
・シソ
・パセリ
・ニラ
・きくらげ
・干ししいたけ
・エリンギ
・シメジ
・かんぴょう
・切り干し大根

などに含まれています。

豆類とネバネバ食材は水溶性食物繊維も豊富に含んでいるので
両方の食物繊維をバランスよく取れるナイスな食材です。

 

腸のぜん動運動を活発にするには運動も必要ですね。運動するときの効率を高めてくれるサプリをコチラで紹介しています。