881440dac3de8c50a80a562f77e4c20c_s

腸内環境をよくするためにヨーグルトを
食べているという方も多いでしょう。

あなたとそのヨーグルトに含まれている
乳酸菌の相性がよければ、そのヨーグルトは
善玉菌の活性化に役立つ食品です。

しかしヨーグルトの場合、脂肪分が多いので
体にいいと思って量を食べていると
太りやすくなります。

さらに、食べやすいようにと
砂糖などで味付けをしていればさらに太りやすくなります。

ヨーグルトを食べても食べても
便秘が改善されないとか、効果を感じない人は
多分、その乳酸菌はあなたの腸に届いていません。

届いていたとしても生き残っていません。

あなたの腸には、赤ちゃんの頃から棲んでいる
乳酸菌がいます。

自分の腸にいる乳酸菌は、腸の表面を覆っている
ムチン層と相性が良いからこそ

ずっとあなたの腸の中で生きているのです。

腸内環境を改善したいなら
すでにあなたの中にいる乳酸菌を
元気にして増やしていくほうが

自分と相性のよい乳酸菌をさがすより
よほど効率的だと思います。

腸内環境は食事によって大きく変わります。

腸内環境を整える食事を考えるときの
ポイントは「食物繊維を豊富にとる」
ということです。

特に野菜に含まれる食物繊維は
善玉菌の大好物です。

継続して食物繊維が豊富な野菜を
食べていると確実に善玉菌が増えます。

肉などの高脂肪食と一緒に食物繊維をとることで
悪玉菌の数が増えないこともわかっています。

そして面白いことに
食物繊維をしっかりとっていると
大腸菌は増えもせず、悪さもしない
逆に体によい働きをすることがわかっています。

一昔前は、食物繊維は食べ物のカスと
考えられていましたが

いまでは6大栄養素のひとつに数えられています。

しかし腸の健康という視点で考えれば
第一番目に考えなければならない栄養素です。

HMBサプリ紹介