c56f2580b8e1ffa7a88bd89bea6a3f8f_s

善玉菌が優勢な腸内環境を整えることで
私たちはより健康でいられるようになります。

健康でいられるようにバックアップしてくれるのが
善玉菌であるといえます。

腸内環境がいい状態が善玉菌が生きていくために
必要な環境なのです。

善玉菌の代表といえば、誰もが知っている乳酸菌。

乳酸菌には腸内を酸性に保つ働きがあります。

ほとんどの病原菌、細菌は酸性の環境では
生きていけません。

乳酸菌は腸内を酸性に保つことによって
病原菌を退治してくれているのです。

では乳酸菌を増やすにはどうすればいいでしょうか?

ヨーグルトを食べる?

乳酸菌を増やすには生きた乳酸菌を腸に
届けてあげればよいという考え方があります。

生きて腸まで届く!をキャッチコピーにした
ヨーグルトがありますよね。

しかし、生きた乳酸菌を腸まで届けるというのは
そう簡単なことではありません。

乳酸菌には、ビフィズス菌、ブルガリア菌、カゼイ菌など
さまざまな種類がありますが

ヨーグルト内の乳酸菌は胃酸でほぼ9割が
死んでしまいます。

腸に生きたまま届くのは1割です。

その届いた1割の乳酸菌も腸との相性があり
ほとんどの乳酸菌はあなたの腸の中で
生き残ることはできません。

定着しないのです。

私たちの腸は、その表面をムチンと
いう粘膜成分で保護されています。

腸内に病原菌などの有害物質が侵入すると
有害物質はムチン層にくっついて
悪さをはじめます。

このムチン層には乳酸菌もくっつくのですが
あらかじめムチン層に乳酸菌がついていると
有害物質は付着できず、悪さもできなくなります。

ムチン層の成分は血液型によって違います。
さらに同じ血液型でも体質や生活習慣によって
ムチン層と乳酸菌の相性は変わってきます。

自分の腸に合う乳酸菌でなければ定着しません。

自分の腸に合う乳酸菌を探すには
特定の乳酸菌を含む食品を2週間は食べてみることです。

便秘や肌の状態が改善されてきたと感じれば
それがあなたにあった乳酸菌です。

逆に何も変わらないと思えば
その乳酸菌はいくらとっても
腸内で生き残っていないということです。

HMBサプリ紹介