fc050495de553fb0fa70358fc01b5c37_s

そんなに食べているつもりはないのに
すぐに太ってしまう。

という人も多いかもしれませんね。

本当に太りやすい体質、太りにくい体質って
あるのでしょうか?

近年の研究によると、肥満の人とそうでない人は
腸に棲んでいる細菌の種類が違うということが
わかってきています。

太っている人は食事の量を減らしても
太ります。

痩せている人は少々食べ過ぎても太りません。

この違いは腸内細菌の影響によるもの

という新しい考え方がひろまっています。

この研究はワシントン大学のJ・ゴードン教授に
よって行われました。

教授は太りやすさの実験をマウスを
使って行っています。

まず、腸内細菌を持たない無菌マウスを
2つのグループに分けます。

Aグループのマウスには
太ったマウスからとった腸内細菌を植え付け

Bグループのマウスには通常の体型の
マウスからとった腸内細菌を植え付けました。

その後、双方に同じエサを食べさせて
観察した結果

太ったマウスの腸内細菌を植え付けたマウスは
同じエサを食べていても太りやすいことが
明らかになりました。

この実験から太りやすさは
腸内細菌によって決まると考えられたのです。

これは人間にも言えるようです。

太っているときには悪玉菌が多くなりがちですが
痩せているときは善玉菌が優勢になっているという
研究報告もあります。

このことから肥満を健康的に改善するには
腸内細菌の勢力図を変えることが必要です。

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の
3つにわけることができます。

善玉菌が優勢なら痩せるし、
悪玉菌が優勢なら太るということです。

肥満対策はまずは腸内環境の改善から
行うというのが新しい考え方です。

HMBサプリ紹介