1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

精神を安定させて脳の働きをよくする
成分としてよく聞くのが

トリプトファン、セロトニンでしょうか。

これに加えてナイアシン(ビタミンB3)も
精神を安定させる効果のある成分です。

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で
神経伝達物質セロトニンの材料です。

セロトニンには精神を安定させる
働きがあり、気分を爽快にしたり
眠りの質を高める物質として知られています。

記憶力、集中力、判断力を高めてくれます。

うつ症状の人はセロトニンが欠乏している
人が多いことがわかっています。

セロトニンの材料となるトリプトファンは
豆類、穀類、魚などたんぱく源となる
食品に多く含まれています。

ただし、トリプトファンさえとっておけば
セロトニンがつくられるというわけでは
ありません。

セロトニンをはじめとする神経伝達物質の
合成には、ビタミン、ミネラルが必要です。

さて、ナイアシンですが
セロトニンとの関係が深い栄養素です。

ナイアシンもトリプトファンを原料に
作られるものなのです。

ナイアシンが不足すると
トリプトファンはセロトニンより

ナイアシンの合成を優先します。

つまりセロトニンが不足するのです。

またナイアシンは統合失調症などの
精神疾患の患者に対して

ナイアシンを投与することで
症状が抑えられるという報告があります。

薬を大量に飲んでも心のトラブルが
治らなかった人がナイアシンを摂取して
1日で表情が変わったとか。

現代では心の病に悩む人も多いですが
精神疾患の治療も生活習慣や
食事を中心に取り組むべきです。

病気の根本にアタックせずに
薬だけを処方しても根本的な
解決にはなりません。

薬には副作用もありますしね。

心の病の問題も食事や栄養素の
ことを抜きにしては根本的な
解決にはなりえないのです。

HMBサプリ紹介