f9f0f4ef2dd353d52f02976dff510eb1_s

脳に対するトランス脂肪の害を
これまでお伝えしてきましたが

 

逆に脳に良い油というのは
どのような油なのでしょうか?

 

脳に良い油を摂ることで
脳細胞を取り巻く油の質が変わり
脳の働きが格段に変わるでしょう。

 

脳に良い油とは

 

オメガ3という種類の脂肪酸です。

 

脂肪酸は全部で何十種類もあるのですが
大きく分けると

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

に分かれます。

 

このうち飽和脂肪酸は体内で
合成できるので

 

積極的に摂る必要はありません。

 

牛や豚の脂身、乳製品に含まれる油です。

 

不飽和脂肪酸は主に植物性の脂です。

 

不飽和脂肪酸を大きく分けると

 

多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸に分かれます。

 

一価不飽和脂肪酸はオメガ9ともいわれます。

 

主なものは「オレイン酸」。

 

オリーブオイルやキャノーラ油に含まれています。

 

オリーブオイルは悪玉コレステロールを
減らすだけでなく、内臓の機能を高める
働きがあると言われていますね。

 

ただ、オメガ9も実は体内で合成できるのです。

 

だから積極的に摂る必要まではありません。

 

一方の多価不飽和脂肪酸には

オメガ3

オメガ6

があります。

 

オメガ3には「EPA」「DHA」が含まれています。

 

最近よく耳にしますね。

 

青魚の油に多く含まれています。

 

また亜麻仁油やシソ油に含まれる
「αリノレン酸」もオメガ3です。

 

オメガ6はベニバナ油、サラダ油、コーン油など
多くの植物油に含まれるリノール酸が代表です。

 

オメガ3とオメガ6は体内では合成されません。

 

そのため積極的に摂りたい油なのですが
脳の神経細胞はオメガ3を特に必要とします。

 

オメガ3こそ脳に良い油で、
積極的に摂りたい油なのです。

 

毎日の生活の中で意識しなくても
オメガ6は摂れているはずです。

 

揚げ物をサラダ油でするという
家庭は多いでしょう。

 

ドレッシングにもサラダ油、コーン油は
使われていますからね。

 

普通の食生活でオメガ6は足りているかなと。
むしろ摂りすぎの人も多いかも。

 

半面、オメガ3は意識していないと
不足しがちな油です。