マインドセット

いかに天才でも努力を怠ると成果を
上げることはかなわないようです。

 

バスケットボール界のレジェンド
マイケル・ジョーダンがある事件をきっかけに
バスケットボールを引退して

 

野球界に未を置いたことはご存知でしょう。

 

そしてその後、バスケットボールに復帰したことも。

 

ジョーダンがシカゴ・ブルズに復帰した初年。

 

彼はそこで痛い教訓を学ぶことになりました。

 

ブルズはプレーオフには進出しましたが
あっさりと敗退してしまったのです。

 

ジョーダンが復帰して
最強メンバーをもってしてもです。

 

復帰した最初のシーズン。
あのマイケル・ジョーダンでさえ
楽に復帰できると思い、軽く流そうと
してしまったのです!

 

プレーオフでの敗退後、
ジョーダンは次のように述べています。

 

いったんやめてから復帰して
すぐに試合に勝てるなんて思っちゃいけない。
心身ともにこれからしっかり鍛えなおそうと思う。

 

その翌年からブルズは2度目の
スリーピート(3連覇)を成し遂げたのです!

 

ジョーダンはやわらかマインドセットの持ち主で
失敗をしっかりと受け止めることの
できる選手だったということです。

 

ジョーダンが出演するナイキのCMの中では
このように語っています。

 

ぼくがミスしたシュートは9,000回以上。
負けたゲームは300試合近く。
そして勝利を決めるはずだったシュートを
26回もミスしている。

 

ミスするたびにジョーダンは
初心に戻ってシュート練習をしたそうです。

 

ガチガチマインドセットの人は
失敗すると、自分は負け犬だと思ってしまい
挑戦することをしません。

 

自分の弱点を認めて克服する
などという考えを持ち合わせていないのです。

 

それでもテニス界の頂点にたった
ジョン・マッケンローのような
アスリートもいますが

 

どちらがより充実感を持っていたでしょうか?

 

マインドセットによって
失敗の意味合いがかわってくるのです。