マインドセット

あの「マイケル・ジョーダン」が
ただの「マイケル・ジョーダン」だった頃の
ことをご存知でしょうか?

 

マイケル・ジョーダンといえば
言わずと知れたバスケットボール界のレジェンド。

 

バスケットボールのルールを知らない人も
マイケル・ジョーダンの名前は
聞いたことがあるでしょう。

 

しかし、マイケル・ジョーダンを
生まれつきのスーパースターだと思っていたら
それは大きな誤りです。

 

マイケル・ジョーダンはおそらく
スポーツ史上、最高の努力型アスリートです。

 

マイケル・ジョーダンが高校代表の
バスケットボールチームのメンバーに
選ばれなかったのは有名な話ですね。

 

彼を外したコーチはバカだったのか?

 

また、大学進学のときにも
ジョーダンがあこがれていた
ノースカロライナ大学からのオファーは
ありませんでした。

 

ノースカロライナ大学のコーチはバカだったのか?

 

そしてNBAのドラフトでも1位で
ジョーダンを指名したチームは
ありませんでした。

 

NBAのスカウトたちはバカだったのか?

 

私たちはマイケル・ジョーダンが
史上最高のバスケットボールプレイヤーで
あることを知っているので

 

なぜ彼の才能を見抜けなかったのだろうと
不思議に思ってしまいます。

 

しかし、当時はまだ「ただの」マイケル・ジョーダンに
すぎなかったのです。

 

高校代表チームに選ばれなかったジョーダンは
ガックリと落胆しました。

 

そのときジョーダンの母親が言ったのです。

 

「練習して鍛えなおしなさい」

 

彼はその言葉に従って
毎日、早朝トレーニングに励みました。

 

大学に入ってからも
ボールの扱いなど基礎の基礎から
ディフェンス、シュート技術といった
弱点を克服しようと努力を続けました。

 

どの選手よりも積極的に厳しい練習に
取り組んでいたと、当時のコーチは
振り返って言います。

 

成功して、最高の選手に上り詰めてもなお
ハードな練習をしていたことは
伝説となっています。

 

シカゴ・ブルズの元アシスタントコーチである
ジョン・バックはジョーダンのことを

 

「天賦の才を常に磨こうと考える天才」

 

と評しました。

 

ジョーダン本人も言います。

 

精神的な強さと熱意は
さまざまな身体的能力よりも
はるかに大きな力を発揮する。

ぼくはいつもそう言ってきたし
いつでもそう信じてきた。

 

マイケル・ジョーダンに言われたら
マインドセットがいかに重要か
考えさせられますね。