うさぎとかめ

誰もが知っている童話「ウサギとカメ」。

 

あなたはこの物語、好きですか?

 

私はこの物語がキライで
自分の子供にも読んでほしくない
物語N0.1でした。

 

この物語で言いたかったことって
何なのでしょうか?

 

足は速いけどそそっかしいウサギと
足は遅いけれど着実なカメが競争すると

 

地道に努力するカメが勝つんだよ
ということなんですよね。

 

努力は才能に勝る

 

ということが言いたいのでしょう。多分。

 

でも、私が子供の頃、この物語を読んだとき
感じたのは、「このウサギ、バカ?」
ということ。

 

この物語を読んで、「私、カメになりたい!」
と思った人っているんでしょうか?

 

足が速くて、ゴール前で昼寝なんて
しないウサギになるのが一番でしょう・・・

 

この物語は、地道な努力が大切だよ
っていうことを教えたかったのでしょうが

 

結果として、努力するということに
よくないイメージを与えていると思いませんか?

 

カメのようにのろまなやつは
努力しなければならない。

 

努力していれば、できるやつが
ヘマをしてくれれば勝利が
転がり込んでくれることもあるよ。

 

というイメージを持ったのは私だけ??

 

ひねくれてます???

 

普通に考えて、カメがどんなに努力したって
ウサギには勝てないよ!

 

ってどうしても思ってしまうんですよね。

 

カメの努力がクローズアップされるのですが

 

本当は、どんなに才能があっても
努力を怠ると、努力した人に負けるよ

 

ということで、ウサギに焦点を当てた
物語にするべきだったんじゃないかと思うのです。

 

さらに言うと、この物語は
走ることにおいて

 

「天賦の才の持ち主」

 

「才能に恵まれない努力家」

 

この2者の対比になっています。

 

物語なんでこれくらい単純化しないと
ダメなことはわかるのですが

 

この2つしかないと思ってしまう
可能性があるのが問題だなと思います。

 

・努力は才能に恵まれない人がすること
・頑張らなければできないのはかっこ悪い

 

こんなふうに考える人もいるでしょう。

 

世の中の多くの人は
努力して何かを成し遂げるよりも
苦もなくあっさりとできるほうが
スマートだと思ってしまいがちです。

 

これがガチガチマインドセットの考え方。

 

ガチガチマインドセットの人は
努力の価値を低く見がちです。

 

いったいどうしてなのでしょう?

 
⇒ 本気で努力することが怖い?