テスト

受験勉強の弊害でしょうか。

 

1回のテストですべてが決まってしまうと
考える人が多いと感じてしまいます。

 

大学受験、入社試験、、、
確かに一発勝負です。

 

特にガチガチマインドセットの人は
この傾向が強いです。

 

1回のテストや1回の評価で自分の価値が
決まってしまうと思い込んでいます。

 

だから一度失敗すると
自分はダメな人間なんだと感じてしまいます。

 

小学校5年生でさえ
マインドセットの違いは
大きく表れています。

 

ある学校で行なわれた実験です。

 

小学校5年生に、ダンボールの箱を見せて

 

「この中にテストが入っています」

 

と先生が伝えました。

 

そして

 

このテストは学校での重要な能力を
評価するものです

 

と伝えたのです。

 

それ以上のことは一切言いません。

 

それから、児童たちに先生の説明が
伝わったかどうかを確認します。

 

「このテストは学校での重要な能力を
評価するものだと思いますか?」

 

全員の児童が説明を理解していました。

 

次にこんな質問をします。

 

・このテストは、現在どのくらい頭が良いかを
測定するものだと思いますか?

・このテストは、将来どのくらい頭が良くなるかを
予測するものだと思いますか?

 

この質問に対して

 

ガチガチマインドセットの児童と
やわらかマインドセットの児童では

 

受け止め方がまったく違うのです!

 

やわらかマインドセットの児童は
テストは重要な能力を評価するものと
理解はしていたのですが

 

今、どのくらい頭が良いかを測定する
ものだとは思っていませんでした。

 

ましてや、将来どのくらい頭がよくなるかを
予測するテストだとも思っていませんでした。

 

「テストでそんなことわかりっこないよ!」
と言った児童もいました。

 

しかし、一方でガチガチマインドセットの児童は
このテストで重要な能力が評価されると
思っていただけでなく

 

今、どのくらい頭が良いのか
将来、どのくらい頭がよくなるのか

 

これらのことも今、1回のテストで
わかると信じていたのです。

 

つまりこの1回のテストで
自分の価値がわかってしまう!
と思っていたということです。

 

こんな考えを持っていれば
1回でも失敗するわけにはいかないですね・・・