マインドセット

自分の思う通りに物事が進んでいる

 

こんなときは誰でも意気揚々としています。

 

順調に進んでいるときは・・・

 

しかし自分のコントロールが
効かなくなったとき

 

物事が手に負えなくなったとき

 

その後にマインドセットの違いが
表れます。

 

・失敗を恐れるガチガチマインドセット
・挑戦を楽しむやわらかマインドセット

 

この2つのマインドセットの違いは
どんなことに意欲を感じるかにも
大きな違いが出てきます。

 

ガチガチマインドセットの人は

 

自分を賢い、デキる人間だと
感じられなくなると
とたんに意欲を失います。

 

ガチガチマインドセットの人は

 

・ひとつも間違えずにできたとき
・すばやく完璧にこなせたとき
・人にはできないことができるとき

 

このようなときに自分の価値を感じます。

 

逆にひとつでも間違えたときや
自分にできないことがあるとき

 

とたんに興味を失います。
できない自分を認めようとはしません。

 

一方、やわらかマインドセットの人は

 

・できないと思っても本気で頑張って
以前にはできないことができるようになったとき

 

・ずっと考えていた問題の解き方が
わかりはじめたとき

 

このようなときに自分の価値を感じます。

 

すぐに完璧にできなくても、
失敗しても気にしません。

 

時間をかけて何かを習得しようとしているとき
困難に挑戦して前進しているときこそ
大きな意欲を持つのです。

 

ロシアの偉大な舞踏家であり指導者である
マリーナ・セミョーノヴァが
あるインタビューに答えていました。

 

彼女は独自の選考方法で
劇団への志願者を選別していました。

 

志願者には仮入学期間が与えられます。
その期間中、彼女は志願者が

 

褒められた時や欠点を指摘されたときに
どのように反応するかを観察していたのです。

 

そして、指摘された点を改善しようとする
志願者を選んでいたのです。

 

つまりセミョーノヴァは

 

・すでに習得して楽にできることを
好む生徒と

 

・難しい課題にチャレンジすることに
喜びを感じている生徒

 

とを選別していたのです。

 

当たり前のことですが
どちらがダンサーとして
成長するかは明らかですね。