計画

行動を続けることが難しい

目標を達成するには、行動が必要です。
行動なしで達成できる目標などないですよね。

 

ダイエットも同じです。

 

いくら体重を減らしたいと念じても
体重は減りません。

 

ダイエットしようと思ったら
次のような行動が必要ですね。

 

・運動する
・カロリーを控える

 

この両方の行動が必要です。

 

ところが、それぞれ続けることが難しい
というのは多くの人が体験しているはず。

 

では、なぜこの2つの行動は続けるのが
難しいのでしょうか?

 

・運動する

これは取り掛かるのが面倒ですよね。
走ろうと思っていても
雨が降ったから・・・とか

 

ジムに行こうと思っていても
今日は仕事が遅くなったから・・・とか

 

いろんな理由をつけて先送りします。

 

誰でも面倒なことは続きにくいです。

 

続けるためには、もっと簡単なことから
始めるというのもありかもしれません。

 

例えば、エレベーターではなく階段を使う
昼食の後は30分歩くとか

 

簡単なことからはじめて
それを続けることができるようになったら
次のステップに進むというのがいいのでは。

 

最初から難易度が高い行動をしようとしても
ほとんどの場合、途中で挫折してしまいます。

 

・カロリーを控える

食事制限ってやっぱり心理的に
苦しいんですよね。

 

○○しないというネガティブ行動は
続けるのが難しいといわれています。

 

行動科学の世界でも
人間は気持ちのいいことを続けようとする
ということがはっきりわかっています。

 

では、どうすればカロリー制限できるでしょう?

 

根性?

 

いや、もっと工夫できることがあります。

 

たとえば、料理の工夫を楽しみながら
低カロリーの料理を研究するとか

 

豆腐だけでハンバーグを作るとか

 

楽しみながらカロリー制限できる方法を
考えるようにすると続きやすいでしょう。

 

仕事でも同じですよね。

 

絶対に失敗しないように!
と思って仕事するのは苦しいです。

 

ストレスたまります。

 

恐怖や不安を感じながら仕事をしても
楽しくもないし、メリットもありません。

 

成功するには、成果をあげるには
どんな行動をとったらいいのか

 

と感がるほうがよほど建設的な気分になります。

 

○○しない

ではなく

○○するには

 

というポジティブな言葉の行動のほうが
続けやすいですね。

 

⇒ ダイエットが続かない理由3