不眠

世の中には3時間、4時間程度の
睡眠時間でも平気という人がいれば

 

8時間は寝ないとダメという人もいます。

 

寝なくてもいいなら
睡眠時間短いほうが
人生得した気分になるんですが。

 

今日は人間は何日眠らずに過ごせるのか?
ということについて調べたことを
ご紹介します(しょーもない・・・)。

 

不眠の世界記録

今現在は項目が削除されているのですが
ちょっと前まではギネスブックに
不眠の世界記録というのが
記載されていました。

 

2007年にイギリス人男性で
当時42歳だったトニー・ライトという人が
266時間という記録を打ち立てました。

 

約11日間ですね・・・

 

それ以前には1964年にアメリカの高校生
ランディ・ガードナーさんが
264時間という記録を持っていたようです。

 

ガードナーさんの挑戦には
医師が立ち合い、詳細な記録があります。

 

最初の2日間は問題なく過ごしたそうです。
高校生なので若いですからね。

 

しかしさすがに3日目には眠気が
すごかったようです。

 

不眠記録を樹立するために
夜中はスポーツをしたり
大音量で音楽を聴いたり

 

刺激を与えていたそうです。

 

ちょっと目をつむっただけで
協力者にはたたき起こされたようです。

 

5日、6日と経過するうちに
イライラがひどくなったみたいです。

 

しかし10日を過ぎるころには
マスコミが騒ぎ出したこともあり
モチベーションがあがって
元気になったとか。

 

結局264時間という記録を樹立しました。

 

さて、面白いのは、この不眠の挑戦中に
ガードナーさんは体や精神に
異常が起こらなかったということです。

 

もちろん集中力は極度に低下しているので
簡単な足し算もできなかったそうですが

 

錯乱状態になるとか衰弱しきるとか
そんなことはなかったようです。

 

この挑戦から、不眠と精神障害は
関係ないのではないかと考えられる
ようになったんですね。

 

人間は10日間くらい眠らなくても
大丈夫なようですよ・・・

 

絶対挑戦したくないですけどね。

 

ちなみに現在のギネスブックには
睡眠に関する記録はないようです。