コミュニケーション

スロージョギングには本当に色々な
効果があるのですが

 

コミュニケーション力がアップする
なんてことが言われています。

 

これはさすがに???と思ったのですが
まんざら嘘でもなさそうです。

 

ビジネスにおいても
コミュニケーション能力は非常に
重要なスキルです。

 

仕事仲間とはもちろん
取引先、パートナーとも意思が通じなければ
良い仕事はできないでしょう。

 

コミュニケーションがうまくいかない理由は
いろいろとあるのでしょうが

 

・場の空気が読めない
・スムーズに会話ができない

 

というのは大きな問題です。

 

・場の空気が読めない

 

これは観察力が足りていないことが
大きな原因でしょう。

 

いま、相手が何を話したがっているか

 

こちらの話に対してどのような
感情を抱いているのか

 

興味を持っているのか
つまらなそうにしているのか

 

これらを読み取る力が足りないわけです。

 

この「場の空気を読む力」というのは
脳の前頭前野(特に10野)という部分を
鍛えることによって改善できます。

 

スロージョギングは脳の10野に
刺激を与えて鍛えることができるのです。

 

・スムーズに会話ができない

 

これは自分が話したいことだけ話すとか
相手が話したことを把握していない

 

ということが原因でしょう。

 

相手の話を聞くという意識が必要ですが
相手の話を把握する力というのも必要です。

 

相手の話を把握するとか、
相手が何を話したかを一時的に記憶するのが
ワーキングメモリーという機能です。

 

ワーキングメモリーは

やり終わったら忘れてもよいことを
一時的に覚えておくために使われます。

 

誰かと会話するときに
相手が話していることは
ワーキングメモリーに記憶されています。

 

この機能がなければ
話している内容がめちゃくちゃになるでしょう。

 

ワーキングメモリーは脳の46野という
部分を鍛えることで機能が向上します。

 

コンピューターのメモリを増設したときのように
取り扱える情報が多くなります。

 

いわゆる「頭の回転が速い」と言われる人は
46野が発達していそうですね。

 

スロージョギングはこれら10野も46野も
同時に鍛えることができるんですね。

 

神経細胞自体も増やしてくれるみたいですよ。

 

スロージョギング、ぜひ取り組みたいですね。

 

運動をするときに気をつけたいのが活性酸素の害です。

継続的に運動をしている人は、普通の人に比べて活性酸素の発生量が多くなります。

健康のために運動しているのに、活性酸素で細胞がやられては本末転倒というものです。

日々、活性酸素を除去して自分の体をケアすることも大切です。

活性酸素を除去する最強成分は水素です。水素の効果をもっとも確実に、手軽に取れるのが水素サプリ。

品質、効果、安全性に優れた水素サプリを紹介しています。

⇒ おすすめ水素サプリ3選

ナチュラ水素

HMBサプリ紹介