スロージョギング

スロージョギングとは?

最近ジムに行っても見かけるし
公園や土手沿いでも見かけるのですが

 

やたらゆっくり走っている人!

 

いや、歩いたほうが速いじゃん!
くらいのスピードで走っています。

 

これ、スロージョギングって言うらしいです。

 

スロージョギングとは文字通り
ゆっくり走ること。

 

NHKの「ためしてガッテン」で
紹介されて以降ブームになりつつ
あるみたいですね。

 

そういえば!

 

天皇陛下と皇后様もスロージョギング
されているではないですか!

 

 

スロージョギング、一大ブームに
なるかもしれませんね。

 

普通に歩くスピードがだいたい
時速4.5~5.0kmくらいです。

 

一方ジョギングの場合のスピードは
時速7.5~8.0kmくらいでしょうか。

 

マラソンランナーは
42.195kmを2時間20分とかで
走るわけですから

 

マラソンランナーの時速は18kmくらいです。

 

スロージョギングは歩くスピードと
同じくらいの4.5~5.0kmくらいで走ります。

 

走ることが健康に良いとはわかっていても
「ジョギング」と聞くだけで
敬遠してしまう人もいるでしょう。

 

でもスロージョギングなら
体力に自信のない人、走ることが苦手
という人でもはじめることができます。

 

スロージョギングは体にかかる負担が小さく
特に循環器系への負担が小さいことがポイント。

 

つまり高齢者や心臓や腎臓に問題が
ある人も行なうことが可能です。

 

足腰にかかる負担も小さいので
故障することもありません。

 

しかも、スロージョギングは
同じ距離のウォーキングに比べて
エネルギー消費は2倍です!

 

スロージョギングの効果

スロージョギングは体にいいだけではなく
脳にも好影響を与えます。

 

スロージョギングは脳を活性化して

 

・処理能力
・記憶力
・注意力
・決断力
・判断力

 

など仕事をする上でマストな能力も
活性化することができるのです。

 

もっと具体的にいうと

・仕事のダンドリ力アップ
・プレゼン力アップ
・うっかりミスをなくす
・コミュニケーション力アップ
・記憶力アップ
・ストレス耐性アップ
・睡眠の質向上
・モチベーション向上
・体脂肪を減らす
・生活習慣病改善

 

などなど、ゆるーい運動でも
劇的な効果が期待できるんですね。

 

スロージョギングの効果は
早い人なら1週間で
だいたい3~4週間で
実感するものがあるようです。

 

はじめたばかりの頃は
こんなゆるい運動でホントに効果あるの?
と思ってしまう人も多いでしょうが

 

体にかかる負担は小さいのに
得られる効果は大きい運動です。

 

きわめてコスパの高い運動です。

 

時間を作ってぜひ続けたいですね。