糖質制限

「主食を抜けば痩せる!」という
糖質制限ダイエットがちょっとした
ブームになりましたね。

 

主食(炭水化物)を抜いても
タンパク質と脂質さえしっかり摂ればOK
ということで人気になりました。

 

カロリー制限の視点がないので
お腹いっぱい食べても痩せられると
いう触れ込みでした。

 

感覚的にも糖質=太るというイメージを
持っている人は多いようです。

 

ご飯やパン、ケーキなどの主食や
甘いものは太るから食べないという
人もいることでしょう。

 

糖質制限ダイエットの原理

糖質を制限することで痩せる理論は
次の通りです。

 

糖質を摂取して血糖値が上がる

すい臓からインスリンが分泌される

インスリンは血中のグルコースを
筋肉や肝臓に取り込ませて
血糖値を下げる

同時に脂肪細胞にも働きかけて
脂肪細胞にグルコースを取り込ませる

脂肪の合成が進む

 

つまりインスリンが大量に分泌されることで
脂肪の合成が進むということです。

 

ということは、糖質を制限すれば
血糖値の上昇も緩やかになり
インスリンの分泌量が少なくなる。

結果的に脂肪の合成が抑えられる

 

という理屈です。

 

この糖質制限ダイエットで効果を
出している方はたくさんいます。

 

提唱されてから時間のたっていない
方法なので、長期的な追跡調査が
十分とはいえませんが

 

このところ、糖質制限に関しての
デメリットを主張される方も増えています。

 

トレーニングをする人にとっての
デメリットに絞ってまとめますと

 

筋肉の合成が抑制されてしまう

 

ということがあります。

 

筋肉は常に合成と分解を繰り返す

筋肉は食事と食事の間、
つまり空腹時(エネルギー不足)になると
分解の方向に傾きます。

 

食事を摂った瞬間に
合成の方向に向かいます。

 

筋肉は1日の中でも合成と分解を
繰り返している組織です。

 

1日の合成量が分解量を上回れば
筋肉は増えますし

 

分解が上回れば筋肉量は減ります。

 

食事によってエネルギー的な
余剰が生まれて筋肉は合成の
方向に向かうと考えられていますが

 

筋肉にインスリンを取り込み
タンパク質の合成を促すのが
インスリンです。

 

インスリンの分泌が抑えられると
筋肉は合成に向かいにくくなります。

 

食事と食事の間は筋肉は分解の
方向に傾いていますので

 

食事が低糖質だと、分解を助長する
ことにもなりかねません。

 

摂取エネルギーで考えるなら
糖質よりも脂質を制限するほうが
理にかなっています。

 

糖質は1gあたり4kcal
脂質は1gあたり9kcal

 

のエネルギーを持っていますので
脂質の摂取量をコントロールするほうが

 

エネルギー収支をマイナスにするには
有効な考え方かと思います。

 

筋トレの効果に限って言えば
糖質制限はマイナスに働くのではないでしょうか。

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やすのが圧倒的に近道です。筋肉を増やすには、それ以前に筋肉の分解を防ぎ、筋肉を減らさないようにするという意識が大切です。

筋肉の分解を抑制してくれるのがHMBという成分です。

1日1.5gで筋肉の分解を防ぎ、筋肉量の増加を強烈にサポート!

安心の日本製HMBサプリはコチラ

⇒ ビルドマッスルHMBについて

HMB