アミノ酸バランス

筋肉量を増やすことで代謝が高まり
体脂肪の燃焼効率が高まることは
このサイトで何度もお伝えしています。

 

筋肉量をふやすには筋トレは必須ですが
それ以前に意識しておかなければ
ならないことがあります。

 

それは「筋肉の素」をしっかり摂ること。

 

筋肉を増やすために必要な栄養素

筋肉の素というのはタンパク質(アミノ酸)のこと。

 

あまりにも当たり前のことなのですが
トレーニングしても筋肉が増えないと
いう人の中には、単純に栄養不足だと
いう人がいることも事実です。

 

いくらキツイ筋トレをしても
筋肉を作る素となるアミノ酸が
不足していては筋肉は増えません。

 

日頃の食事からしっかりと
良質なアミノ酸を補給することも
意識しておきたいですね。

 

筋肉など私たちの体のタンパク質は
20種類のアミノ酸で構成されています。

 

そのうちの9種類は体内で
作ることができないため

 

食事などから補給する必要があります。

 

これを「必須アミノ酸」といいますが
必須アミノ酸のほとんどが

 

体の成長を促進したり
筋肉を強化する働きを持っています。

 

必須アミノ酸を十分摂取することが
筋肉を増やすポイントです。

 

アミノ酸バランスの特徴

必須アミノ酸は9種類あり
どれかひとつを摂ればよいという
わけではありません。

 

必須アミノ酸の中でもロイシン
(ロイシンの代謝物HMB)が

 

筋肉の分解を防ぎ、合成を促進する
働きがあるのですが

 

ロイシンだけを摂っていても
他のアミノ酸が不足していると
思うような効果はありません。

 

私たちの体の中には

 

アミノ酸バランス

 

というものがあり
ひとつのアミノ酸を大量に
摂取しても

 

他のどれかが少ないと
多く摂ったアミノ酸は余剰に
なってしまいます。

 

アミノ酸のバランスは
一番少ないアミノ酸を基準にして
そろってしまうようです。

 

アミノ酸バランスのよい食材

筋肉をつけるには肉がいい

 

ということを聞いたことが
あると思いますが

 

牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類は
私たちの筋肉を作るうえで

 

アミノ酸がバランスよく含まれています。

 

卵も理想的なアミノ酸バランスを
持った食材です。

 

肉や卵を積極的に摂ることが
筋肥大に効果的なのです。

 

しかし、肉や卵だけに偏ると
脂肪分やコレステロールが過剰になり
他の栄養素が不足します。

 

必須アミノ酸は肉類や卵のほか
魚介類、牛乳、チーズ、大豆など
さまざまな食材に含まれています。

 

結局のところ、タンパク質を
豊富に含む食材をできるだけ
バランスよく食べるのが
いいということですね。

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やすのが圧倒的に近道です。筋肉を増やすには、それ以前に筋肉の分解を防ぎ、筋肉を減らさないようにするという意識が大切です。

筋肉の分解を抑制してくれるのがHMBという成分です。

1日1.5gで筋肉の分解を防ぎ、筋肉量の増加を強烈にサポート!

安心の日本製HMBサプリはコチラ

⇒ ビルドマッスルHMBについて

HMB