体脂肪を減らすゴールデンタイム

筋トレを終えた後の時間は
どのように使っていますか?

 

クールダウンのためのストレッチ?
それともすぐにシャワー?

 

実は筋トレ後2時間の使い方次第で
体脂肪を減らす効果が大きく
変わるのです!

 

筋トレを終えた後というのは
一時的に代謝が高くなっています。

 

さらにアドレナリンや成長ホルモンが
分泌されることにより

 

体脂肪が分解されて
すぐにエネルギーとして
利用できる状態になっています。

 

通常、体脂肪は中性脂肪として
脂肪細胞に蓄積されていて

 

中性脂肪の状態ではエネルギーとして
利用することができません。

 

中性脂肪は遊離脂肪酸とグリセロールに
分解されることではじめて
遊離脂肪酸をエネルギーとして
利用できるようになります。

 

筋トレ後は脂肪分解が
すでに進んでいるので
このタイミングで有酸素運動を
することによって

 

普通に有酸素運動を行うときよりも
たくさんの脂肪を燃焼することができます。

 

筋トレの前にやろうが、後にやろうが
有酸素運動で消費するカロリーは同じです。

 

ただ、同じ150kcalを消費したとしても
筋トレの前に有酸素運動をするのと
筋トレの後にするのとでは

 

150kcalのうちの脂肪が占める
割合が変わってくるのです。

 

筋トレの前に有酸素運動をすると
おそらく

糖質 75kcal
脂肪 75kcal

くらいだと思います。

 

しかし筋トレ後に有酸素運動をすると

 

糖質 45kcal
脂肪 105kcal

くらいの割合になっていると
考えられます。

 

成長ホルモンの脂肪分解作用は
筋トレ後1時間で始まって

 

2時間後にピークを迎えると
言われています。

 

この通りだとすると
筋トレの2時間後に
有酸素運動をするのが
最も効果的と言えます。

 

しかし、ある実験では
トレーニングしてから20分後の
ほうが脂肪燃焼効果があった
という報告もあります。

 

正確なところは解明されていませんが
筋トレ後あまり時間をおかないで
有酸素運動を行っても
脂肪燃焼効果は高まるということです。

 

いずれにしても
筋トレ終了後20分~2時間以内に
有酸素運動に取り組むことで
体脂肪燃焼効果が格段に高まります。

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やすのが圧倒的に近道です。筋肉を増やすには、それ以前に筋肉の分解を防ぎ、筋肉を減らさないようにするという意識が大切です。

筋肉の分解を抑制してくれるのがHMBという成分です。

1日1.5gで筋肉の分解を防ぎ、筋肉量の増加を強烈にサポート!

安心の日本製HMBサプリはコチラ

⇒ ビルドマッスルHMBについて

HMB