背筋

筋肥大効果を高めるためには
毎日同じ筋肉を鍛えないほうがいい
というのは常識です。

 

筋肉は負荷をかけると損傷し
その損傷から回復するときに
筋線維が太くなります。

 

回復する前に負荷をかけてしまうと
逆に筋肉は小さくなることがあります。

 

回復するまでの時間を
しっかり休息にあてるのも
筋トレの効果を高めるコツです。

 

とはいえ、中には毎日鍛えてもOK
な筋肉があるのも確かです。

 

それは「腹筋」と「背筋」です。

 

これらは毎日鍛えてもダメージが少なく
回復が早い筋肉だからです。

 

理由は今のところ科学的に解明
されているわけではありませんが

 

おそらく筋線維の割合によるもの
ではないかと考えられています。

 

ほとんどの筋肉は、速筋と遅筋の
割合がフィフティフィフティです。

 

筋トレによってダメージを受けやすいのは
遅筋のほうです。

 

回復するまで休息が必要なのは
速筋です。

 

ところが、腹筋と背筋は速筋より
遅筋線維のほうが多いという特徴があります。

 

遅筋はマラソン選手に発達している筋肉で
スタミナに優れています。

 

つまり疲労しにくいということです。

 

さらに腹筋や背筋は姿勢を維持するために
常に働き続けているため

 

回復までの時間が短いのも特徴です。

 

腹筋と背筋はスタミナがあって
疲労からの回復が早いので

 

毎日鍛えてもOKなんですね。

 

腹筋や背筋を鍛えることで
姿勢をよくする効果もあります。

 

姿勢がよくなれば
見た目も変わってくるので
腹筋や背筋は毎日鍛えたいですね。

 

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やすのが圧倒的に近道です。筋肉を増やすには、それ以前に筋肉の分解を防ぎ、筋肉を減らさないようにするという意識が大切です。

筋肉の分解を抑制してくれるのがHMBという成分です。

1日1.5gで筋肉の分解を防ぎ、筋肉量の増加を強烈にサポート!

安心の日本製HMBサプリはコチラ

⇒ ビルドマッスルHMBについて

HMB