体脂肪を減らすトレーニング間隔

体脂肪を減らすために
ジョギングやウォーキングに
取り組んでいる人も多いでしょう。

 

運動によって直接脂肪を燃焼する
有酸素運動は、1回の効果は
微々たるものですが

 

やればやるだけ効果が積み重なります。

 

頻度が高いほど効果があります。

 

逆にいうと、間隔があくと
効果が薄れるということです。

 

一方、筋トレは話が別です。

 

同じ運動でも有酸素運動と筋トレでは
頻度の考え方がまったく違います。

 

筋トレは毎日やっても
やっただけの効果が望めないばかりか

 

かえって筋肉が小さくなる
可能性があったりします。

 

筋肉に負荷をかけると
筋肉は損傷します。

 

それが修復されることで
筋肉は太くなっていきます。

 

毎日やらないほうがいいというのは
この修復されるまでの時間が
かかるからです。

 

修復が終わらないうちに
トレーニングをしてしまうと

 

筋肉にはダメージが蓄積されていきます。

 

同じ部位の筋肉は毎日鍛えない

 

これが鉄則です。

 

しかし、例えば

今日は腕、明日は太もも、次の日は胸

など鍛える部位を変えていけば
毎日筋トレしてもOKです。

 

毎日やるとダメというのは
毎日同じ筋肉に負荷をかけるのがダメ
ということです。

 

筋肉が損傷から回復する目安は
2~3日です。

 

部位によって回復速度が違います。

 

環境や体調によっても変わります。

 

前回筋トレしてから3日になるけど
なんとなく疲労が残っている
というときは

 

もう少し間隔をあけたほうが
いいかもしれません。

 

慣れてくると筋肉の回復サイクルが
何となくわかってくるようになります。

 

筋肉が回復してから
すぐに次のトレーニングに入りましょう。

 

ただ、トレーニングの間隔を
あけすぎるのはよくありません。

 

時間がないからとか、面倒だからと
いうことで

 

1週間に1回1時間とか2時間とか
まとめて筋トレをする人が
いるかもしれませんが

 

2時間やっても週1回では
望むような効果はないでしょう。

 

まとめて2時間やるよりも
1回20分を週3回やったほうが
絶対に効果はあります。

 

さらに2週間に一度では
筋トレの効果はほぼ無しといって
も過言ではありません。

 

2週間に1回まとめて2時間やっても
自己満足だけで、筋肉は増えない
ということです。

 

体脂肪を減らすために筋肉をつけるなら

 

週に1回まとめて1時間より
1回20分を週に3回やるほうが
絶対効果がありますよ!

 

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やすのが圧倒的に近道です。筋肉を増やすには、それ以前に筋肉の分解を防ぎ、筋肉を減らさないようにするという意識が大切です。

筋肉の分解を抑制してくれるのがHMBという成分です。

1日1.5gで筋肉の分解を防ぎ、筋肉量の増加を強烈にサポート!

安心の日本製HMBサプリはコチラ

⇒ ビルドマッスルHMBについて

HMB

ハードなトレーニングをする人こそ気をつけたいのが活性酸素の害です。

強度の高い運動を継続している人は、普通の人に比べて活性酸素の発生量が多くなります。

体を作るために鍛えているのに、活性酸素で細胞がやられては本末転倒というものです。

日々、活性酸素を除去して自分の体をケアすることも大切です。

活性酸素を除去する最強成分は水素です。水素の効果をもっとも確実に、手軽に取れるのが水素サプリ。

品質、効果、安全性に優れた水素サプリはコチラ

⇒ おすすめ水素サプリ3選

ナチュラ水素