活性酸素

ハードなトレーニングをする人は、普通の人より活性酸素の発生量が多いです。

 

健康のために頑張って運動しているのに、体の中は活性酸素で細胞が傷つけられていた!

 

ということでは本末転倒です。

 

ハードなトレーニングをする人こそ、トレーニング後の体のケアが大切です。

 

体内に発生した活性酸素を除去する最強成分は水素です。

 

最近はスポーツジムでも水素水のサーバーを置いているところも増えてきていますね。

 

もしかしたら水素水の効果を感じている人もいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん水素水もいいのですが、より効果的に水素を取り入れるならサプリメントが断然いいと思います。

 

水素水だと放っておくと水素が抜けていってしまいますが、水素サプリ

なら体内で水素を発生させるので「水素が抜ける」という心配をする必要がありません。

このページではおすすめできる水素サプリをご紹介します。

 

ナチュラ水素

ナチュラ水素

ナチュラ水素の商品詳細

水素発生量:1日3粒 1.6ppm
水素発生素材:精製岩塩
価格:1ヶ月分 税抜き5,039円(2ヶ月目からは8,130円)

 

ナチュラ水素の特徴

① 水素発生素材に精製岩塩を使っている

② 返金保証あり

③ 定期コースの回数縛りがない

④ サポートが丁寧

 

水素サプリの水素発生原料

水素サプリは体内で水素を発生させるのですが、水素を発生させる原料になるものが現在のところ4種類あります。

 

水素発生量の多さから並べると下記の通りです。

① 精製岩塩

② マイクロクラスター

③ ゼオライト

④ 貝殻焼成カルシウム

 

精製岩塩について

岩塩というのは、

海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められ、あるいは砂漠の塩湖で、水分蒸発により塩分が濃縮し、結晶化したものである。 この現象は米国のデスヴァレーやボリビアのウユニ塩湖のように現在でも見られるが、地質時代の厚い岩塩は米国や欧州各国、中東、アフリカで知られる。

とウィキペディアにはあります。

 

要は、塩のかたまりですね。

 

岩塩にはミネラルが含まれています。ミネラル成分に水素を吸蔵させて(溜め込ませる)、水分を加えることでミネラルに吸蔵させた水素を発生させることができます。

 

胃の中で何かの化学反応が起きるわけではありませんから、安全性に問題はありません。

 

多量の水素を発生させることで注目されています。

 

マイクロクラスターについて

アメリカのフラナガン博士という人が研究開発した素材です。

 

ミネラル成分のパウダーで、シリカとクエン酸カリウムが水に触れることで水素を発生させます。

 

別名、フラナガン水素ともいいます。

 

ゼオライトについて

ゼオライト天然の鉱物です。成分は主に二酸化ケイ素(シリカ)と酸化アルミニウムです。

 

微細な穴がたくさん空いていて、そこに水素を吸着させています。

 

貝殻焼成カルシウムについて

サンゴや牡蠣殻など、貝殻を焼成して生成したカルシウムに水素を吸着させてサプリメントにしています。

 

ナチュラ水素は水素発生減量に精製岩塩を使っているのでポイント高いです。

 

1日分3粒を飲めば、飽和水素水(1.6ppm)を1リットル飲むのと同じだけの水素を取り込むことができます。

 

その他のナチュラ水素の特徴として、「返金保証あり」というのと「定期コースに回数の縛りがない」というのも好感が持てます。

 

サプリメントで返金保証をつけているというのは、よほど製品に自信があると思えますね。

 

また、水素サプリに限らず、多くのサプリメントの定期コースは「最低○回の注文が必要」で、その回数をクリアしないと解約できないようになっています。

 

サプリメントは薬ではないので、即効性はありません。したがって3ヶ月以上は続けたほうがよいという理論で定期コースの回数縛りをしているところが多いです。

 

確かに一理あるのですが、「いつでも解約していただいていいですよ」というほうが買うほうにとってはリスクは小さくなります。

 

最後にあげた「サポートが丁寧」ということについてですが、私が最初にナチュラ水素の販売ページを見たときに、ギモンに思ったことが3つありました。

 

・成分表示がないので配合成分がわからない。

・水素発生量17,600ppmって書いてあるけど、ppmって濃度の単位じゃないですか?「量」じゃないですよね?

・水素含有量1.6ppmって書いてありますが、サプリメントで飽和水素濃度ってどういうことですか?

 

この3つについてナチュラ水素を販売する千代田薬品工業株式会社のサポートセンターに問い合わせました。

 

すると下記のような回答が次の日すぐに返ってきました。

 

ナチュラ水素の購入を検討いただき、誠にありがとうございます。
質問いただきました内容について回答させていただきます。

————————————————————————————–

> ①水素発生量1日3粒で17,600ppmというのはどういう意味でしょうか?

空気中に発生する水素ガス濃度に換算した場合の表現方法になります。
気体の1ppmは0.00000001%と換算され、水に溶かした場合の濃度1.6ppmと実際の量はイコールとなります。
弊社の実験では、水に溶かし濃度を測っておりますので1.6ppmと表現させていただいております。

————————————————————————————–

> ②水素含有量1.6ppmというのはどういう意味でしょうか?

弊社では1Lあたりの水に3粒のサプリメントを溶かし、1.6ppmというという数値を計測いたしました。
こちらも表現方法でございますので、決して体内に1Lのお水に触れないと
水素が全て発生しないという事ではございませんので、ご安心いただければと存じます。

————————————————————————————–

> ③販売ページには配合成分の記載がないようですが教えていただけますか?

【原材料名】
素材:精製岩塩、結晶セルロース、HPMC、ショ糖脂肪酸エステル、硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム、微粒二酸化ケイ素

※精製岩塩⇒岩塩を精製した塩。水素を発生させる原料。
※結晶セルロース、HPMC⇒樹木などから抽出した原料となり、おもにカプセルに使用。
※ショ糖脂肪酸エステル⇒ショ糖と脂肪酸から抽出し、水と油を混ぜる乳化剤として使用。
※硫酸ナトリウム⇒吸湿性の乾燥剤として使用。添加物として医薬品などにも使用されている。
※硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム⇒腸内で水分を貯留したり、吸収を高めるため使用。
※微粒二酸化ケイ素⇒吸収後、速やかに排出されるように使用。人体にも微量に存在する成分。

【栄養成分表示】
1カプセル(228mg)当たり
エネルギー:0.79kcal/たんぱく質:0g/脂質:0.01g/炭水化物:0.18g/ナトリウム:1.60mg

————————————————————————————–

長くなり申し訳ございません。
体に摂りいれていくにあたり、ご不安等々あるかと思いますが
○○様の健康にお役立ていただければと思いますので
他にもご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

どうぞご検討の程宜しくお願い致します。

 

納得感があり、安心のできる対応でした。

 

これで、ナチュラ水素がイチオシの水素サプリになりました。

 

⇒ ナチュラ水素の商品詳細はコチラ

 

カラダに水素

 

水素発生量:1日2粒 1,608ppm
水素発生素材:マイクロクラスター
価格:1ヶ月分 税込み6,980円(1ヶ月目は送料のみ500円)

 

カラダに水素の特徴

① 初回実質無料(送料のみ500円負担)

② 定期コースのみ(4回継続が条件)

③ リラックス成分を配合している

 

カラダに水素の水素発生素材は「マイクロクラスター」です。水素サプリにはよく使われる素材です。

 

精製岩塩ほどの発生量ではありませんが、価格的にはマイクロクラスターを使った水素サプリのほうが安価に買うことができます。

 

4回縛りの定期コースで、初回は0円(送料500円)、2回目以降は6,980円。

 

4回分購入すると、送料合わせて21,440円になります。

 

1回に割ると5,360円です。

 

実は「カラダに水素」は私の愛用サプリです。飲んで3ヶ月くらいになりますが効果の体感はあります。

 

効果の体感というのがですね、朝方トイレに行きたくて目が覚めるようになったというものなんです。

 

カラダに水素は他の水素サプリにはない「リラックス成分」がいろいろ配合されています。

 

・グリシン
・トリプトファン
・テアニン
・GABA
・西洋ヤナギエキス
・セントジョーンズワート
・アグニエキス

 

など、ここでは詳しくは書きませんが、ストレス解消や睡眠の質向上に効果があるといわれている成分が配合されています。

 

他の水素サプリと差別化するためだと思いますが、このような成分が入っているので、やっぱり「寝る前」に飲みたくなるわけです。

 

で、あるとき思いました。

 

「最近、トレイに起きることが多くなったな・・・もう私もおじいちゃんになったのか!?」

 

ちょっと前までは朝までグッスリだったのに。

 

そしてふと気付いたのです。

 

「あ、カラダに水素を飲むようになってからだ」

 

水素は凶悪な活性酸素であるヒドロキシラジカルと反応して水にして体外に排出してくれます。

 

水素を取り入れているとトイレに行きたくなるのも納得です。

 

カラダに水素の水素発生量について

カラダに水素の販売ページには「水素発生量1,608ppm」とあります。

 

注意書きとして

 

※水15mlに水素発生原料1gを溶かした際の水素発生量(2009年4月弊社調べ)

 

とあります。

 

「1,608ppmってすごい!」と思って「カラダに水素」を買ったのですが、実はぜんぜんすごくありませんでした。

 

PPMという数字のマジック

ppmというのは割合の単位です。

 

「%(パーセント)」と同じですね。

 

そしてppmは1万分の1という意味です。

 

例えば1リットルの水に1mgの水素が含まれているとすると1.0ppmとなります。

 

高濃度水素水とかって宣伝している商品でも「7.0ppm」が最高なんですよね。

 

それが1,608ppmってなると比較にならないくらいすごいと感じます。

 

ところが、実際比較になっていないんです。

 

先ほどの1リットルの水に1mgの水素で1ppmというのは「質量比」です。

 

これを「体積比」で表すと

 

つまり「1リットルの水に何ミリリットルの水素が含まれているか」ということで表すと

 

17,600ppmの水素が含まれている計算になります。

 

カラダに水素で表示している「1,608ppm」というのは「体積比」です。

 

どうでしょう?1,608ppmといっても、全然たいしたことないというのがわかりますよね。

 

しかも、注意書きには「水素発生原料1gを15mlの水に溶かしたとき」とありますが、カラダに水素1粒に含まれる水素発生減量は20mgです。

 

ppmという単位のカラクリがはじめは理解できなかったのですが、これが理解できたとき、「カラダに水素・・・もしかして買わなきゃよかった?」と思ってしまいました。

 

でも、飲んでいるとさっき書いたように体感はあるので「水素が発生していない」ということはないと思います。

 

逆にこの程度の水素の含有量でも効果を感じるんだ!ということに驚きました。

 

価格的には、最初に紹介した「ナチュラ水素」より安くて続けやすいのですが、ナチュラ水素に変えようかなと思っています。

 

このあたりは、価格と体感でそれぞれ考えればいいかなと思います。

 

※カラダに水素はリニューアルされて「雪粒(ゆきのつぶ)」となりました。

雪の粒の詳細はコチラ

 

M.GH真水素サプリメント

最後のおすすめ水素サプリが「M.GH真水素サプリメント」です。

 

ネーミング的にあまり売れそうな気がしない商品ですが、おそらく「ナチュラ水素」よりも「カラダに水素」よりも、「M.GH真水素サプリメント」のほうが高品質だと思われます。

 

水素発生量:1日3粒 2.0ppm
水素発生素材:精製岩塩
価格:1ヶ月分 税込み12,798円

 

M.GH真水素サプリメントの特徴

① 水素発生量が豊富

② GMP認定工場での製造

③ 値段が高い(笑)

 

「M.GH真水素サプリメント」は私が見た中でおそらく最高品質の水素サプリです。

 

精製岩塩を水素発生素材に使用し、肝機能を改善する効果のあるイノシトールも配合されています。

 

1日3粒で、標準的な水素水である1ppmの水素水2リットルと同じだけの水素を摂取できます。

 

水素発生量が豊富なのはもちろんポイント高いのですが、それ以上に「GMP認定工場での製造」というのがポイント高いです。

 

GMPマークは製品に品質と一定の安全性が確保されていることを示すものです。 GMP認定は製造管理、品質管理、構造設備など、健康食品の原材料の受け入れから最終製品の出荷に至る全工程において、定められた管理水準と管理手法が具体的かつ適切に運用されていることを保証しています。

 

とJIHFS 日本健康食品規格協会が言っています。

 

GMPは医薬品では遵守が当たり前ですが、サプリメント(健康食品)では義務ではありません。

 

第三者機関による認定ですので、認定してもらうのにコストがかかりますからね。

 

GMP認定工場で製造するほうが、認定されていない工場で製造するよりコストは高くなるはずです。

 

ですから、「製造原価は安ければいい」と思っているようなサプリメントの販売会社はGMP認定工場に発注しないと思うのです。

 

でも、M.GH真水素サプリメントはGMPマークがついているんです。

 

それだけ信用できる水素サプリだと思います。

 

しかし、GMPマークがついているといっても高すぎます。

 

1ヶ月分で12,798円は普通に継続できる金額ではないですね。

 

私も一度は試してみたいので、ひとつ買ってみようとは思っていますが、続けるのは難しいでしょうね。

 

経済的に余裕のある方にはおすすめの水素サプリです。

 

⇒ M.GH真水素サプリメントの商品詳細はコチラ