有酸素運動

体脂肪を減らして痩せるための
運動といえば

 

真っ先に思い浮かぶのは

 

ジョギングやウォーキングなどの

 

有酸素運動!

 

という人が多いのではないでしょうか?

 

一方で筋トレだけでも体脂肪減らせるよ
という人もいます。

 

今日は体脂肪を1kg減らすのは
有酸素運動と筋トレとどちらが早いのか?

 

考えてみたいと思います。

ウォーキングで体脂肪を1kg減らすには?

体脂肪を減らすには何らかの運動をして
エネルギーを使わないといけないことは
誰でも知っています。

 

では、体脂肪を1kg減らすには
どれだけのカロリー消費が必要でしょうか?

 

答えは 約7,200kcal です。

 

7,200kcalと言われてもピンと
こないかもしれませんが

 

例えばウォーキングの消費カロリーは

 

体重60kgの人が散歩程度の速さで
60分ウォーキングしたときの

 

消費カロリーは 約80kcalです。

 

1日60分毎日必ずウォーキングしたとして
7,200kcal(体脂肪1kg分)消費するには

 

90日かかります。

 

筋トレで体脂肪1kg減らすには?

一方、筋トレではどうでしょうか?

 

実は筋トレ自体はエネルギー源が
糖質であって、体脂肪はエネルギーとして
ほぼ使われません。

 

ということは、筋トレしても
体脂肪減らないじゃないか!
と思うかもしれませんが

 

筋トレをすると

筋肉が大きくなる

安静時代謝が上がる

消費カロリーが増える

 

という流れになります。

 

私たちはじっとしていても
体温を維持したりするのに
エネルギーを使っています。

 

このときのエネルギー消費を

 

安静時代謝

 

といいますが、筋肉が増えると
安静時代謝が上がります。

 

どれくらい上がるかというと

 

筋肉が1kg増えると
安静時代謝と活動代謝を合わせて
1日の代謝が約50kcal増えると
言われています。

 

私は1日30分の筋トレで
1ヵ月で1.8kg筋肉量を
増やした経験がありますので

 

1ヵ月で代謝が90kcal増えた
ことになります。

 

7,200kcalを消費しようと思うと
80日必要です。

 

筋肉量を増やすために使った
1ヵ月と合わせると 110日となり

 

なんだ、やっぱり有酸素運動のほうが
早く体脂肪を減らすことができるじゃないか

 

と思うかもしれません。

 

しかし!筋肉が消費するカロリーは
寝ていても消費されます。

 

一方、有酸素運動はサボった日の
消費カロリーはゼロです。

 

もちろん筋トレもサボっていると
筋肉量は減ってきますが

 

筋肉量を維持するには
毎日筋トレをする必はありません。

 

どちらが実現しやすいかと考えると
もちろん好みにもよりますが

 

筋トレをして筋肉量を増やすほうが
効率的ではないかと。

 

でも、本当に一番効果的なのは

 

筋トレをしたあとに軽く有酸素運動をする

 

というのが最も理想的です。

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やすのが圧倒的に近道です。筋肉を増やすには、それ以前に筋肉の分解を防ぎ、筋肉を減らさないようにするという意識が大切です。

筋肉の分解を抑制してくれるのがHMBという成分です。

1日1.5gで筋肉の分解を防ぎ、筋肉量の増加を強烈にサポート!

安心の日本製HMBサプリはコチラ

⇒ ビルドマッスルHMBについて

HMB