体脂肪減らす運動

体脂肪を減らすのに最も適した運動は?

 

と聞かれれば、大多数の人が

 

有酸素運動

 

と答えるのではないでしょうか?

 

ウォーキング、ジョギング、水泳
などがすぐに思い浮かびますね。

 

これまで長期間にわたり
体脂肪を減らすのに最適な運動だと
信じられてきました。

 

しかし有酸素運動だけで
体脂肪を減らすというのは
実は相当難しいことなんです!

 

確かに、脂肪をエネルギーにして
脂肪燃焼させる運動は
有酸素運動のみです。

 

筋トレや短距離走などの無酸素運動に
脂肪を燃焼させる効果はありません。

 

無酸素運動のエネルギー源は
ほぼ100%ブドウ糖(糖質)です。

 

一方、有酸素運動のエネルギー源は
脂肪ですので、体脂肪を減らすには

 

有酸素運動!

 

という発想は間違っているわけでは
ありません。

 

しかし、有酸素運動を頑張っていれば
体脂肪が減っていくかというと

 

多分、多くの人が経験していると
思いますが

 

思ったほど体脂肪は減りません。

 

なぜならば、有酸素運動は
時間のわりに消費するエネルギーが
少ないからです。

 

例えば1時間ウォーキングすると
消費するカロリーは

 

100~150kcal

 

です。

 

エネルギーとして使われる脂肪は

 

たった10gです。

 

毎日1時間のウォーキングを
100日やって1kgの体脂肪が減ります。

 

ジョギングなら1時間で
300~400kcal程度は消費しますので

 

脂肪は20gくらい減りますね。

 

1年間毎日1時間、ウォーキングを
続けることができれば

 

1年で3kgの体脂肪が減ります。

 

痩せるためにウォーキングやジョギングを
すると計画を立てても

 

計画倒れに終わった経験をお持ちの方も
多いでしょう。

 

継続するというのは難しいですね。

 

しかも有酸素運動はやらなかった日は
効果ゼロです。

 

毎日継続する自信がある!
という人はなかなかいないのでは?

 

有酸素運動は脂肪燃焼に効果あり
なのですが、継続するという点で
難しいですね。

 

ウォーキングにしてもジョギングにしても
活動することによって消費されるカロリー。

 

もし、何もしていなくても
寝ているだけでも消費される
カロリーを増やすことができれば

 

効率的に体脂肪を減らすことが
できると思いませんか?

 

安静時代謝(基礎代謝)を上げる
ことによって、
そんな都合の良い話が可能になるのです!

 

安静時代謝(基礎代謝)を上げてくれるのが

 

筋トレ

 

なんです。

 

次ページ⇒ 筋トレだけで体脂肪を減らすことはできないという意見に反論します

 

体脂肪を減らすには、筋肉量を増やすのが圧倒的に近道です。筋肉を増やすには、それ以前に筋肉の分解を防ぎ、筋肉を減らさないようにするという意識が大切です。

筋肉の分解を抑制してくれるのがHMBという成分です。

1日1.5gで筋肉の分解を防ぎ、筋肉量の増加を強烈にサポート!

安心の日本製HMBサプリはコチラ

⇒ ビルドマッスルHMBについて

HMB