脂肪燃焼

脂肪を減らすためには
体に蓄積されている中性脂肪が
分解されてエネルギーとして

 

利用される状態にしなければなりません。

 

しかしエネルギーとして
最初に使われるのは脂肪ではなく
糖質由来のブドウ糖です。

 

体脂肪が減るメカニズム

① 運動してエネルギーを使う

② エネルギーが不足すると、脂肪を分解してエネルギーにしようと脂肪分解ホルモンが分泌される

③ 脂肪分解ホルモンによって褐色脂肪細胞が活性化し、脂肪分解酵素を作る

④ 脂肪分解酵素リパーゼが血流にのって白色脂肪細胞に運ばれる

⑤ 中性脂肪が分解されて、グリセロールと遊離脂肪酸になる

⑥ エネルギーとなる遊離脂肪酸が細胞のミトコンドリアに入る

⑦ 脂肪が燃焼されて、体脂肪が減る

 

体脂肪が減る流れを細かく見ると
このようなプロセスです。

 

体脂肪を減らすためには
まずは運動するなり、絶食するなりで
エネルギー収支をマイナスにすることが
スタートです。

 

その後、上記のプロセスで
脂肪が燃焼されるのですが

 

効率よく脂肪を減らすためには
それぞれのプロセスを
より活性化させることが必要です。

 

脂肪分解ホルモンを活性化させるには

定期的に運動をしていない人は
脂肪分解ホルモンの分泌が
鈍っていることが多いです。

 

これを活性化させるには

 

・カプサイシン
・カフェイン
・アルギニン

 

などの成分が有効です。

 

カプサイシン、カフェインは
アドレナリンの分泌を促進し

 

アルギニンは成長ホルモンの
分泌を活性化します。

 

褐色脂肪細胞の働きを高めるには

褐色脂肪細胞は脂肪細胞という名で
ありながら、脂肪をエネルギーとして
熱を産生します。

 

褐色脂肪細胞の働きが活発になれば
たくさん熱を生産する = 脂肪が減る

 

ということになります。

 

褐色脂肪細胞の働きを活性化する成分が

 

・共役リノール酸
・EPA、DHA

 

などの成分です。

 

脂肪の燃焼効率をあげるには

中性脂肪はそのままの形では
エネルギーとしては利用できないので

 

リパーゼによって
遊離脂肪酸とグリセロールに分解して
遊離脂肪酸がエネルギー源となります。

 

遊離脂肪酸がエネルギーに変換されるのは
ミトコンドリアの中です。

 

ということは、ミトコンドリアの働きを
活性化することができれば

 

脂肪燃焼効率は上がります。

 

遊離脂肪酸をミトコンドリア内に
運搬する運び屋がLカルニチン。

 

Lカルニチンがたくさんあれば
よりスムーズに遊離脂肪酸が
ミトコンドリアに取り込まれるようになります。

 

ミトコンドリアの中で脂肪から
エネルギーを作り出す働きをするのが
コエンザイムQ10です。

 

お茶などに含まれるカテキンは
ミトコンドリア自体を活性化する
と言われています。

 

・共役リノール酸
・EPA、DHA
・Lカルニチン
・コエンザイムQ10
・カテキン

 

これらの成分を十分摂取することが
体脂肪を効率的に減らすことに
つながりそうですね。

 
⇒ 褐色脂肪細胞を活性化させる共役リノール酸、EPA、DHA