核酸

← 前ページ アミノ酸はどうやって皮膚や髪、筋肉になるの?

 

私たちが体に取り入れたタンパク質は
一度アミノ酸に分解されて吸収されます。

 

その一部は、体内で再度タンパク質に
合成されて、筋肉や髪の毛になり
体つくりに使われます。

 

体内でタンパク質を再合成するときに
筋肉になるのか、髪の毛になるのか・・・

 

どんなタンパク質になるかを
決めているのがDNAの中にある
設計図です

 

DNAの設計図に従って
同じく細胞内にあるRNAが
タンパク質を作ります。

 

DNA、RNAのことを核酸というのですが
この核酸が私たちの健康、老化に
深く関わっているのです。

 

DNAという言葉はよく聞きますけど
イマイチというか、
非常に理解しにくいですよね?

 

DNAは「親から子へ、細胞から細胞へ」
性質を伝える遺伝情報を持っているもの

 

というふうに考えればOKです。

 

私たちはみんな、
生まれる前はたったひとつの細胞でした。

 

受精卵 ですね。

 

この細胞がどんどん分裂を
繰り返して増えていくことで

 

私たちは体が大きくなり
成長していきます。

 

細胞分裂をするときに
もとの細胞から新たにできる細胞へ
遺伝子が伝達されるには

 

DNAの複製が必要になります。

 

DNAは何もないところから
複製されるわけではなく
当然ですが、DNAの材料が必要です。

 

DNAの材料になるものを

 

ヌクレオチド

 

といいます。

 

ヌクレオチドは細胞の核の中に
大量にストックされているのですが

 

加齢とともに合成される量が
減ってくることがわかっています。

 

DNAの材料であるヌクレオチドの
合成量が減るということは

 

 

細胞分裂ができにくくなる

老化する

 

ということです。

 

ヌクレオチドが体内で合成される
ルートは2つあります。

 

ひとつは自分の肝臓で合成されるルート。
アミノ酸やビタミンから新しく
ヌクレオチドを合成します。
もう一つは、食品からとった核酸を
各細胞で再利用する方法。
この2つがあるんですね。

 

つまり、ヌクレオチドは食品からも
摂取することができるというわけです。

 

ヌクレオチドがたくさん結合して
核酸という物質になるのですが、

 

核酸は、新陳代謝を活発にし、
臓器の老化を遅らせ
遺伝子の損傷を防ぐという

 

遺伝子レベルで私たちの健康に
プラスの影響を与えてくれるんですね。

 

食品からこの核酸を摂取するには
核酸がずば抜けて多い鮭の白子
フグの白子を食べるといいそうです。

 

そういえば、フグの白子を食べると
元気になるって聞いたことがあります。

 

ビール酵母にも核酸は豊富に含まれています。

 

といっても、ビール飲んだからといって
核酸を摂ることはできませんよ。

 

酵母っていうのは微生物で
ビールを製造するときに
麦汁を発酵させるのに使います。

 

一般的なビールは保存性や
飲みやすさを高めるために
製造過程で酵母を取り除くため、
ビール酵母は含まれていません。

 

ビール酵母を取り除く作業を
濾過といいますが

 

濾過していないビールがコレ

 

銀河高原ビール

銀河高原ビール

なんか、どんどん変な方向に
すすんでいる気がしますが・・・

 

気にせず、銀河高原ビール!

 

フルーティでコクがあって
私の中では最強のビールです!

 

でも銀河高原ビールに含まれている
ビール酵母は生きた酵母。

 

なので、温度管理を誤ると
発酵がすすみ、味が変わります。

 

常温で放置しておくと
活性がすすんで酸味が強くなります。

 

取り扱いが難しいから
売っている店が少ないのかなあ。

 

見つけたらぜひ一度飲んでみてくださいね!
まったく話がそれましたが・・・
次回は「細胞分裂と老化の関係」についてです。

 

⇒ 細胞分裂と老化の関係とは?

 

※トレーニングで発生した活性酸素を除去する最強の水素サプリ

水素水より手軽に、効率良く水素を取り込めます!
カラダに水素
カラダに水素

 

※筋肉量を増やすには、
筋肉をつけるという発想だけでなく
筋肉を減らさないという視点も重要。
筋肉の分解を抑制してくれる
注目のHMB配合サプリ⇒ ビルドマッスルHMB
I7VSbEfB4k5Yxob1461501283_1461501532 (1)